第六章⑧ 仕訳日計表とは何か

仕訳日計表とは何か

 

仕訳日計表とは、仕訳日計表とは、その日に記入される仕訳を集計した表です。
伝票会計では、仕訳日計表を作成することで、一日でどれだけ取引が行われたのかを把握することができます。

仕訳日計表を作成することで、1日でどれだけ取引が行われたのかを把握することができます。
また仕訳日計表の借方の合計と貸方の合計の一致を確認することで、伝票のミスや集計漏れがないことを確認することができます。
また、伝票のミス、仕訳のミスや集計漏れがないことを確認するためにも利用します。

仕訳日計表は、実務として、作業自体はそれほど重要ではありません。
現実問題として、手書きで、記帳転記作業する会社は、ほとんどないからです。
しかし、仕訳日計表の考え方、転記の仕方は、知っておいて損はありません。
なぜなら、会計ソフトを導入しようとも、最初の入力作業は、私たち人間が行うものであり、数字の不一致やトラブルが発生したときは、その簿記の帳簿の仕組みを理解していなければ、対処できない現実があるからです。

 

具体的に、仕訳日計表の書き方を見ていきましょう。

 

入金伝票
売掛金300,000

 

 

入金伝票
当座預金200,000

 

 

出金伝票
仕入100,000

 

 

出金伝票
支払家賃80,000

 

 

振替伝票
売掛金     500,000売上  500,000

 

 

仕訳日計表への集計の仕方

①伝票から下書きに仕訳を書く。

・入金伝票
現金300,000/売掛金300,000
現金200,000/当座預金200,000
・出金伝票
仕入100,000/現金100,000
支払家賃80,000/現金80,000
・振替伝票
売掛金500,000/売上500,000

②仕訳を仕訳日計表に記入する。

例:現金の借方 300,000+200,000=500,000

 

仕訳日計表

借方勘定科目貸方
500,000現金180,000
当座預金200,000
500,000売掛金300,000
売上500,000
100,000仕入
80,000支払家賃
1,180,0001,180,000

 

 

第七章「決算とは何か」もくじ一覧へ

投稿者プロフィール

伊達敦
伊達敦中小企業研修協会 代表 
東京都武蔵野市。
決算書の見方、経営分析などマネジメントに知悉している商社勤務の実務家。
統括責任者として全国3000社を超える販売店及び代理店の経営実態の把握、
経営指標の分析に辣腕を発揮した。
また霞が関の中央官庁との交渉窓口も担当する。
独創的な決算書解説や経営分析理論は、海外でも高く評価され、著書は海外でも翻訳されている。
商業高校で、簿記の基本を学び、大学で簿記理論を体系的にしっかり学んだ。
大学在学中は、会計学の大家、中村忠教授、飯野利夫教授から 指導を受けた。また、日本簿記学会会長だった安平昭二教授から簿記の帳簿組織に関する論点を直接指導を受けた貴重な経験を持つ。
おもな著書 「まだ若手社員といわれるうちに知っておきたい会社の数字」講談社刊。ほか、決算書、経営分析に関する本をぱる出版、実業之日本社からの全国出版実績あり。
中小企業研修協会代表。ファイナンシャルプランナー。
欅坂46、櫻坂46の大ファン。DVDをすべて揃えている。元欅坂46の佐藤詩織のファンであり、櫻坂46の推しメンは、関有美子。