現金出納帳とは何か

現金出納帳とは、毎日の現金の入金・出金、そして、残高を明確にするための帳簿です。現金出納帳を作成することで、現金の動きが、明快になります。

具体的に現金出納帳の記入をみていきましょう。

前月繰越は、10,000円です。

4/1  A社へ商品15,000円を売り上げた。                                                                                4/15 B社の売掛金30,000円を現金で回収した。                                                                    4/20 C社から商品25,000円を仕入れ、代金は現金で回収した。

 

現金出納帳

日付 摘要 収入 支出 残高
4 1 前月繰越 10,000 10,000
15 A社へ売り上げ 30,000 40,000
20 C社から仕入れ 25,000 15,000
31 次月繰越 15,000
40,000 40,000
5 1 前月繰越 15,000 15,000

 

[現金出納帳の見方]

・日付欄
日付の項目に取引が行われた日付を記入します。
・摘要欄(てきようらん)
取引の内容を説明するための小書きを記入する。
・収入・支出欄
収入・支出欄には、金額を記入します。
・残高欄
残高欄には、収入と支出の差額の金額を記述します。
・前月繰越が合った場合は、収入欄と残高欄に金額を記入します。
・次月繰越の場合は、月末の日付を記入し、支出欄に金額を記入します。
・翌月の1日付きで摘要欄に前月繰越と記入します。

 

 

当座預金出納帳とは何か

当座預金出納帳とは、当座預金の預け入れ、または小切手の振り出しを記録し、 残高を明らかにするための帳簿です。当座預金出納帳は、金融機関ごとに作成することになります。

具体的に記入例をみていきましょう。

5/1   A銀行に当座預金口座を開設し、現金100,000円を預け入れた。
5/20  G社へ仕入れ代金20,000円を支払うために小切手#15を振り出して支払った。
5/25  F社の売掛金70,000円を小切手で受け取り、直ちに当座預金とした。

 

当座預金出納帳

日付 摘要 小切手No 預入 引出 借/貸 残高
5 1 A銀行に預け入れ 100,000 100,000
20 G社より仕入れ #15 20,000 80,000
25 F社の売掛金回収 70,000 150,000
31 次月繰越 150,000
170,000 170,000
6 1 前月繰越 150,000

 

[当座預金出納帳の見方]

・日付欄
日付の項目に取引が行われた日付を記入します。
・摘要欄(てきようらん)
取引の内容を説明するための小書きを記入します。
・預入・引出欄には金額を記入します。
・借/貸 欄
・当座預金の残高がある場合は、借(当座預金勘定の借方を表す)を記入し、当座預金よりも多く引出した場合は、貸(当座借越を表す) を記入します。
・残高欄には、預入金額と引出金額の差額を残高金額として述します。
・次月繰越の場合は、月末の日付を記入し、支出欄に金額を記入します。
・翌月の1日付きで摘要欄に前月繰越と記入します。

 

さらに「小口現金出納帳とは何か」を知る