費用の発生は「借方」、取消は「貸方」へ記入する

「費用」グループの基本的な仕訳をみていきましょう。

おもな費用グループの勘定科目を復習すれば、つぎのとおりです。

  • 仕入
  • 給料
  • 通信費
  • 旅費交通費
  • 水道光熱費
  • 事務用品費
  • 広告宣伝費
  • 接待交際費
  • 有価証券売却損

 

費用の仕訳の基本ルールはつぎのとおり。

借方に増加である「発生」、貸方に減少である「取消」とします。

 借方 貸方 
 発生 取消 

仕入(しいれ)の仕訳

商品を仕入れたときは、「仕入」となります。

なお、ここでいう商品とは、「取引先に売るために買った商品」です。あたり前ですが、店主が趣味で買った商品は、仕入ではありません。

[取引例1]

商品を仕入れ、代金20万円は掛けとした。

 借方 貸方 
 仕入 200,000 買掛金 200,000 

商品の仕入れは「仕入」という費用グループであらわされます。費用グループの発生は「借方」になります。

[取引例2]

仕入れた商品のうち、3万円分は品違いであったため、返品した。

 借方 貸方 
 買掛金 30,000 仕 入 30,000 

仕入れた商品を返品したのですから、仕入の「取消」です。費用の取消は「貸方」となります。なお、取消の仕訳は、以前に行った仕訳の逆仕訳を行うことになります。したがって、「借方」には、買掛金が記入されることになります。

 事務用品費(じむようひんひ)の仕訳

会社では、いろいろな事務用品が必要です。書類を書くためにはペンや消しゴムが必要ですし、取引先へ書類を郵送するには、封筒も必要です。このようなさまざまな事務用品は「事務用品費」となります。

[取引例]

ペン・消しゴムを購入し、代金2,000円は現金で支払った。

 借方 貸方 
 事務用品費 2,000 現金 2,000 

ペンや消しゴムは「事務用品費」です。事務用品費は費用グループですので、発生は「借方」となります。

広告宣伝費(こうこくせんでんひ)の仕訳

新商品の発売やバーゲンセールでは、テレビのCMや新聞にチラシなどが出ます。みなさんも毎日のように目にしていると思います。これらのCMやチラシに代表される広告費は、「広告宣伝費」となります。

[取引例1]

新聞広告を掲載し、代金30万円を支払った。

 借方 貸方 
 広告宣伝費 300,000 現金 300,000 
[取引例2]

チラシ広告を作成し、代金20万円は、現金で支払った。

 借方 貸方 
 広告宣伝費 200,000 現金 200,000 

有価証券売却損(ゆうかしょうけんばいきゃくそん)の仕訳

有価証券を売却した結果、損をすることもあります。株の売買で儲けることは、なかなか難しいのが現実です。損をしたときは「有価証券売却損」であらわします。

[取引例1]

100万円で購入した株券を売却し、代金80万円は現金で受け取った。

 借方 貸方 
               現  金         800,000                 有価証券売却損  200,000 有価証券 1,000,000 

100万円で購入した株券を80万円で売ったのですから20万円の損をしたことになります。これは「有価証券売価損」という費用グループの発生になります。費用グループの発生は借方です。

固定資産売却損(こていしさんばいきゃくそん)の仕訳

土地や建物、あるいは車両運搬具は「固定資産」です。この固定資産を売却したことによって、損失が出たときは、「固定資産売却損」であらわします。

[取引例]

800万円で購入した建物を売却し、代金500万円は現金で受け取った。

 借方 貸方 
               現   金         5,000,000                固定資産売却損    3,000,000 建  物 8,000,000  

800万円で買った建物を500万円で売れば、300万円の損失が出ます。これが「固定資産売却損」です。費用の発生となります。なお、建物を売却したのですから建物は減少します。建物は資産グループですから減少は、「貸方」となります。