簿記の借方、貸方とは何か

簿記には、借方、貸方のフォーム(型)がある

 

簿記には、いくつかの基本となるルールがあります。
特に重要な基本ルールは2つです。

簿記の基本ルール1は、
「借方(かりかた)」、「貸方(かしかた)」という仕訳(しわけ)フォームに記載することです。

サッカーや野球にユニフォームがあるように簿記にもユニフォームがあります。
簿記のユニフォームとは、つまり、「かたち」という意味です。
簿記の「かたち」は、つぎのようなものです。

簿記は、このような「かたち」をつかって、学びます。
具体的な使い方は、これからくわしく説明していきます。
まず、簿記の「かたち」として、左側が「借方(かりかた)」、右側が「貸方(かしかた)」と呼ぶことを覚えましょう。

借方(かりかた)貸方(かしかた)
  

 

仕訳の左右の金額は同じになる

 

簿記の基本ルール2は、左右の金額が必ず同じになることです。

これは「借方」と「貸方」に記入される金額が「必ず同じになる」ということです。
つまり、つぎのようになります。

借方貸方
10,00010,000

 

「借方」「貸方」とも同じ10,000円という金額が記入されています。
このように簿記では「借方」と「貸方」に必ず同じ金額が記入されます。

これらの2つの基本ルールは、これから簿記を学んでいくうえでとても役立ちます。
しっかりここで覚えましょう。

 

簿記の借方、貸方とは何か ページのまとめ

☑簿記には、借方(かりかた)、貸方(かしかた)というユニフォームがある
☑簿記の仕訳の左右の金額は同じになる

 

つぎに「勘定科目とは何か」を知る