第一章① 簿記の基本を知る

 

簿記の基本を知る

 

すべての会社に「簿記」があります。
たとえば、わたしたちは、病院でレントゲン検査をすることがあります。
レントゲン撮影によって、骨格やその他の機能に問題がないか、をくわしく知ることができます。
からだのつくりは、大きい人も小さい人も基本的にみな同じです。
もし、仮にレントゲン検査で、会社という組織をみることができれば「簿記」が見えてきます。
これは、上場されている巨大企業も、街の小さな個人商店もみな同じです。

すべての会社の中心に必ず「簿記」が存在します。

簿記は、お金を管理します


簿記とは、「帳簿記入」の略です。
これは、会社では、お金が動いた取引は、必ず帳簿に記入することを意味します。
簿記によって、会社のお金の動きが正確にわかります。
会社は、かならずお金を使いますから、簿記がかならず存在するのです。
簿記の技術があれば、どんな複雑な取引もきれいに処理することができます。

簿記で「決算書」を作成します

会社は、年に1回、決算書を作成します。
決算書とは、1年間の会社の「財産」や「もうけ」を集計した会計資料です。
決算書は、大きく2つの種類があります。

簿記がわかれば、会社の財産や利益の仕組みがわかります。
簿記が、どのように実践的に役立つのか。
具体的に事例を取り上げ、解説してみます。

以下の資料は、プロ野球 福岡ソフトバンクホークス株式会社の決算書です。
決算書は、簿記によって、作成されます。

 

決算書は、おおきく2つあります。
貸借対照表と損益計算書です。

貸借対照表で「会社の財産」がわかります。
損益計算書で「会社のもうけ」がわかります。

この貸借対照表と損益計算書を作成するための技術、スキルが「簿記」です。

つまり、簿記の知識がないと貸借対照表や損益計算書が作成できません。
視点を変えると、簿記の知識があれば、決算書を理解することができる
ということになります。

 

ざっくり、プロ野球・福岡ソフトバンクホークスの決算書をみてみましょう。

まず、会社の財産がわかる貸借対照表からみていきましょう。
資産が、113,459 百万円。
そのうち、負債である借金が、95,352百万円であることがわかります。

資産から負債を差し引いた純資産が、18,106百万円となります。
かなりの資産があることがわかります。
さすが、ソフトバンクグループです。

 

つぎに会社のもうけがわかる損益計算書をみてみましょう。

売上高が、22,996百万円。
最終的に当期純損失で、△7,520百万円の赤字です。
プロ野球・福岡ソフトバンクホークス経営は、赤字だったことがわかります。
なぜ、赤字だったのか?
その主要な原因が、損益計算書からざっくり知ることができます。

 

資産とは何か?負債とは何か?純資産とは何か?
売上総利益とは何か?営業利益とは何か?経常利益とは何か?…。

 

これからあなたが、このサイトで簿記を学ぶことで、あなた自身が、興味ある会社の財産や会社のもうけを理解できます。
簿記は、誰でも、しっかり学べば、独学でマスターできます。

 

決算書は、会社にとってなくてはならない重要なものです。

 

決算書について、詳しく学びたい人のために、決算書のホームページを
開設しております。
参考にしてください。

はじめての決算書 はじめての経営分析ドットコム

 

メモ帳【会計期間】

貸借対照表と損益計算書である財務諸表は、通常、年1回作成します。
この1年間のことを会計期間といいます。
会計期間の開始日は、期首(きしゅ)、終了日を期末(きまつ)、または、決算日といいます。

                                                    

前期               当     期 次期

 

このページのまとめ

☑すべての会社の中心に簿記があります
☑簿記とは「帳簿記入」の略である
☑簿記で、決算書が作成されます

 

第一章②「簿記を学ぶと何が身につくのか」を読む