仕訳の3つのステップ

仕訳には、3つのステップがある 

 

仕訳は、3つのステップを踏んでおこなわれます。
慣れてくれば、無意識にできるようになります。
しかし、最初のうちは、この3つのステップを意識しながら仕訳しましょう。

 

ステップ1 2つ以上の「勘定科目」を決める

ステップ2 勘定科目が、どのグループになるかを確認

ステップ3 勘定科目を「借方」と「貸方」に分ける 

 

 

基本的な4つの取引をみていきましょう。


[
取引例1]

 建物30,000,000円を購入し、現金で支払った。


ステップ1
 
 

太字とアンダーラインで示した「建物」と「現金」の2つの勘定科目を決めます。

ステップ2   

「建物」―資産グループ。「現金」―資産グループ

ステップ3  

「建物」を購入したので「資産」の増加です。現金で支払ったので「資産」の減少です。
資産グループの仕訳ルールは、つぎのとおりでした。

 

「資産」グループの仕訳ルール

 借方貸方 
 増加減少 

 

これらの3つのステップの結果、つぎのような仕訳を行うことができます。

 借方貸方 
 建物 30,000,000現金 30,000,000 

[取引例2]

 銀行から現金1,000,000円を借りた


ステップ1
  

太字とアンダーラインで示した「現金」と「借入金」の2つの勘定科目を決めます。

ステップ2  

「現金」―資産グループ。「借入金」―負債グループ

ステップ3  

銀行からお金を借りたことにより「現金」が増えたので「資産」の増加です。
銀行からのお金を借りたので「借入金」という「負債」グループの増加です。
負債グループの仕訳ルールは、つぎのとおりでした。

「負債」グループの仕訳ルール

 借方貸方 
 減少増加 

 

これらの3つのステップの結果、つぎのような仕訳を行うことができます。

 借方貸方 
 現金 1,000,000借入金 1,000,000 

 

[取引例3]

 商品200,000円を売上げ、代金は現金で受け取った。

ステップ1  

太字とアンダーラインで示した「現金」と「売上」の2つの勘定科目を決めます。

ステップ2 

「現金」―資産グループ。「売上」―収益グループ

ステップ3  

商品を売上げたので「売上」が増えます。
これは、「収益」の発生です。
代金は、現金で受け取ったので、「資産」の増加です。
収益グループの仕訳ルールは、つぎのとおりでした。

「収益」グループの仕訳ルール

 借方貸方 
 取消発生 

 

これらの3つのステップの結果、つぎのような仕訳を行うことができます。

 借方貸方 
 現金 200,000売上 200,000 

[取引例4]

 商品100,000円を仕入れ、現金で支払った。

ステップ1  

太字とアンダーラインで示した「仕入」と「現金」の2つの勘定科目を決めます。

ステップ2  

「仕入」―費用グループ。「現金」―資産グループ

ステップ3  

商品の「仕入」は、「費用」の発生です。
代金は現金で支払ったので「資産」の減少です。
費用グループの仕訳ルールは、つぎのとおりでした。

「費用」グループの仕訳ルール

 借方貸方 
 発生取消


これらの3つのステップの結果、つぎのような仕訳を行うことができます。

 借方貸方 
 仕入 100,000現金 100,000 

 

 

メモ帳【仕訳のルール】

仕訳は、1つの取引を「借方」と「借方」の2つに分けます。
このため、必ず、借方の合計金額と貸方の合計金額が一致します。

借方貸方
同額同額

 

つぎに「資産グループの仕訳」を知る