収益の発生は「貸方」、取消は「借方」に記入する

「収益」グループの基本的な仕訳をみていきましょう。

おもな収益グループの勘定科目を復習すれば、つぎのとおりです。

  • 売上
  • 受取利息
  • 受取配当金
  • 有価証券売却益
  • 固定資産売却益

 

収益グループの仕訳の基本ルールはつぎのとおり。

「貸方」には、増加である「発生」、「借方」には減少である「取消」となります。

 借方 貸方 
 取消 発生 


収益グループは、増加とはいわず「発生」といいます。 減少するときは「取消」といいます。

売上(うりあげ)の仕訳                  

商品を売ったときは、「売上」を使用します。

ところで、世の中には、さまざまな会社があります。いわゆる商品ばかりでなく、サービスを売っている会社も多く存在します。警備をするセキュリティー業。掃除をする清掃業などです。このようなサービスの提供も、もちろん売上となります。

[取引例1]

商品20万円を売り上げ、代金は掛けとした。

 借方 貸方 
 売掛金 200,000 売 上 200,000 

 

商品を売ったときは「売上」となります。これは収益の「発生」です。収益の発生は「貸方」になります。一方、代金は現金で受け取りましたから資産の増加です。資産の増加は「借方」となります。

[取引例2]

売り上げた商品のうち、5万円分が品違いのため、返品された。

 借方 貸方 
 売上 50,000 売掛金 50,000 

 

商品が返品されたのですから、売上の「取消」です。収益の取消は「借方」となります。なお、取消の仕訳は、以前に行った仕訳の逆仕訳を行うことになります。したがって、「貸方」には、売掛金が記入されます。

受取利息(うけとりりそく)の仕訳

銀行にお金を預ければ、利息がつきます。受け取った利息が「受取利息」です。

[取引例]

受取利息30,000を現金で受け取った。

 借方 貸方 
 現金 30,000 受取利息 30,000 

 

受取利息は、収益グループです。収益グループの発生は「貸方」となります。

 

有価証券売却益(ゆうかしょうけんばいきゃくえき)の仕訳

有価証券を売却し、儲けたときは、「有価証券売却益」になります。

[取引例]

100万円で購入した株券を売却し、代金120万円は現金で受け取った。

 借方 貸方 
 現  金 1,200,000              有価証券     1,000,000                有価証券売却益    200,000 

 

100万円で買った株券を120万円で売れば、20万円の利益が出ます。これが「有価証券売却益」です。収益の発生となります。なお、有価証券を売却したのですから有価証券は減少します。有価証券は資産グループですから減少は、「貸方」となります。

※ 有価証券は、2級の出題範囲になります。

固定資産売却益(こていしさんばいきゃくえき)の仕訳

土地や建物、あるいは車両運搬具は「固定資産」といます。この固定資産を売却したことによって、利益が出たときは、「固定資産売却益」であらわします。

[取引例]

1000万円で購入した土地を売却し、代金1500万円は現金で受け取った。

 借方 貸方 
 現  金 15,000,000                土   地    10,000,000                 固定資産売却益    5,000,000 

 

1000万円で買った土地を1500万円で売れば、500万円の利益が出ます。これが「固定資産売却益」です。収益の発生となります。なお、土地を売却したのですから土地は減少します。土地は資産グループですから減少は、「貸方」となります。