三分法と分記法について

まず、読もう!【仕入・売上編】

会社が、お客さんに売る商品を買うことを仕入れといいます。
仕入れたときの金額を原価といいます。

その商品をお客さんに売ることを売上げといいい、売ったときの金額を売価といいます。

 

 

三分法と分記法は何か

 

商品を売り上げたり、仕入れたりする処理方法には、三分法分記法の2つがあります。

 

 

三分法とは何か

三分法とは、商品の売買を「仕入」「売上」「繰越商品」という3つの勘定科目で、処理する方法です。

 

【商品を仕入れたとき】

 商品を50,000円を仕入れ、代金は掛けとした。

 

借方貸方
仕 入 50,000買掛金 50,000

 

【商品を売り上げたとき】

商品を60,000円で、売り上げ、代金は掛けとした。

借方貸方
売掛金 60,000売 上    60,000