三分法と分記法について

まず、読もう!【仕入・売上編】

会社が、お客さんに売る商品を買うことを仕入れといいます。
仕入れたときの金額を原価といいます。

その商品をお客さんに売ることを売上げといいい、売ったときの金額を売価といいます。

 

 

三分法と分記法は何か

 

 

商品を売り上げ、仕入れる処理方法には、三分法分記法の2つがあります。

 

 

三分法とは何か


三分法とは、
商品の売買を「仕入」「売上」「繰越商品」という3つの勘定科目で、仕訳する方法です。

 

【商品を仕入れたとき】

 商品を50,000円を仕入れ、代金は掛けとした。

 

借方 貸方
仕 入 50,000 買掛金 50,000

 

【商品を売り上げたとき】

商品を60,000円で、売り上げ、代金は掛けとした。

借方 貸方
売掛金 60,000 売 上    60,000

 

会社の数字が苦手な人のための「決算書講座」発売中!

✓後輩から、営業利益と経常利益の違いを質問され、困ってしまった…。
✓同期から、新規事業の損益分岐点の相談を受けた。でも「何それ?!」と満足に応えることができなかった…。
✓上司に「客先をABC分析で絞り込め!」と指示されたが、そもそも意味がわからなかった…。 
✓会議で、与信管理の意見を求められた。自己資本比率についてだったが、発言できなかった…。
✓会議で使える「会社の数字」に強くなる決算書の本がほしい!
✓すぐに役立つ、安くて、簡単な決算書の教材がほしい!