クレジット売掛金とは何か

まず、読もう!【クレジット売掛金編】

クレジット売掛金とは、クレジットカードを使い支払いをする売掛金です。
通常の売掛金取引では、取引先(A社)の倒産などの貸倒リスクや回収不能リスクが伴います。
しかし、クレジット売掛金の場合は、以下のような取引の仕組みになります。

通常の売掛金

当社とA社という2社間の直接取引

□当社    →    □A社

 

クレジット売掛金

当社とクレジット会社、A社の3社間取引

 

□当社  →  □クレジット会社 →  □A社

当社とA社との間にクレジット会社を挟むことで、当社が、売掛金の未回収という取引のリスクを負うことなく、
クレジット会社から、現金が入金されます。

取引の審査は、クレジット会社が行います。
当社は、クレジット会社に支払手数料を支払います。

 

クレジット売掛金の仕訳とは?

  【商品を売り上げたとき】

商品を50,000円をクレジット支払いで売り上げた。
クレジット会社への手数料は、販売代金の1%を販売時に計上する。

 

借方 貸方
クレジット売掛金 49,500
支払手数料       500
売  上 50,000

 

        【代金が入金されたとき】

クレジット会社から代金49,500円が、当座預金に振り込まれた。

 

借方 貸方
当座預金 49,500 クレジット売掛金  49,500

 

 

個別の仕訳 もくじ一覧

 

 

 

会社の数字が苦手な人のための「決算書講座」発売中!

✓後輩から、営業利益と経常利益の違いを質問され、困ってしまった…。
✓同期から、新規事業の損益分岐点の相談を受けた。でも「何それ?!」と満足に応えることができなかった…。
✓上司に「客先をABC分析で絞り込め!」と指示されたが、そもそも意味がわからなかった…。 
✓会議で、与信管理の意見を求められた。自己資本比率についてだったが、発言できなかった…。
✓会議で使える「会社の数字」に強くなる決算書の本がほしい!
✓すぐに役立つ、安くて、簡単な決算書の教材がほしい!