仕訳帳から伝票制へ

実務においては、仕訳帳から総勘定元帳へ転記する会社はほとんどないのが実状です。多くの会社は「伝票から総勘定元帳へ転記」しています。つまり、実務では、伝票から総勘定元帳へ転記するのがほとんどです。これを伝票制といいます。それでは、伝票制とは何でしょうか。つぎにみていきましょう。

・伝票は3つある

「入金伝票」・「出金伝票」・「振替伝票」の3つです。

伝票とは、たとえれば、ジクソーパズル個々の「パズル」です。個々のパズルの完成形が総勘定元帳というわけです。 会社の取引は、すべてこの3つの伝票をつかったパターンで成り立っています。 つぎにこの3つの伝票を説明していきます。つぎの仕訳と伝票の例をみていきましょう。

入金伝票とは何か

「入金伝票」とは、「現金」が入ってきたときに記入する伝票です。

「当座預金から現金100,000円を引き落とした」

仕訳はつぎのようになります。

借方 貸方
現金  100,000 当座預金  100,000

これを「入金伝票」では、つぎのようにあらわします。

入金伝票
当座預金 100,000

 

入金伝票は、「借方」の現金が確定しています。あとは相手勘定科目と金額を記入するだけです。 ですから、この入金伝票をつかうことで、ふつうの仕訳を行うよりも作業の省略化を図ることができます。

出金伝票とは何か

 「出金伝票」とは、「現金」を支出したときに記入する伝票です。

「ペンや消しゴムの消耗品2,000円を購入し、代金は現金で支払った」

仕訳はつぎのようになります。

借方 貸方
消耗品費  2,000        現金  2,000

これを「出金伝票」では、以下のようにあらわします。

出金伝票
消耗品費 2,000

出金伝票は、「貸方」の現金は、確定しています。あとは相手勘定科目と金額を記入すればよいのです。

振替伝票とは何か

「振替伝票」とは、「入金伝票」「出金伝票」以外の取引を記入するものです。

備品を購入し、代金300,000円は翌月末に支払うことになった。仕訳はつぎのとおりです。

借方 貸方
備品  300,000 未払金  300,000

これを「振替伝票」では、以下のようにあらわします。

振替伝票
備品 300,000 未払金 300,000

つまり、振替伝票に関してだけは、仕訳帳に記帳する場合と変わらないことになります。

 

 

[参考]売上伝票と仕入伝票とは何か

売上伝票と仕入伝票は、2級レベルの内容になります。参考までに記載します。

 売上伝票とは何か

「売上伝票」は、商品を売り上げたとき記入します。

「商品30,000を掛けで売り上げた」

仕訳はつぎのようになります。

 

借方 貸方
売掛金  30,000 売上  30,000

 

これを「売上伝票」では、以下のようにあらわします。

 

売上伝票
売掛金 30,000

 

売上伝票は、「貸方」の売上は、確定しています。あとは相手勘定と金額を記入すればよいことになります。

仕入伝票とは何か

「仕入伝票」は、商品を仕入れたときに記入します。 

「商品10,000を掛けで仕入れた」

仕訳はつぎのようになります。

借方 貸方
仕入  10,000 買掛金  10,000

これを「仕入伝票」では、以下のようにあらわします。

 

仕入伝票
買掛金 10,000

 

仕入伝票は、「借方」の仕入は、確定しています。あとは相手勘定科目と金額を記入すればよいのです。

伝票制メリット「作業の省略化」と「帳簿の簡素化」

 

伝票制によって、取引を仕訳帳に記帳する仕事が省略化されます。あらかじめ伝票には、仕訳の半分が記入されていますから、伝票制の活用により、単純に仕訳帳に記入することよりも半分の作業で済むことになります。また、仕訳帳という大きな帳簿がなくなり、伝票をまとめるだけの簡素化された帳簿管理になります。伝票制は、実務が生んだ簿記のしくみです。

 

さらに「仕訳日計表とは何か」を知る