仕訳日計表とは何か

仕訳日計表とは、その日に記入される仕訳を集計した表です。伝票会計では、仕訳日計表を作成することで、一日でどれだけ取引が行われたのかを把握することができます。また、伝票のミス、仕訳のミスや集計漏れがないことを確認するためにも利用します。

具体的に、仕訳日計表の書き方を見ていきましょう。

 

入金伝票
売掛金 300,000

 

 

入金伝票
当座預金 200,000

 

 

出金伝票
仕入 100,000

 

 

出金伝票
支払家賃 80,000

 

 

振替伝票
売掛金     500,000 売上  500,000

 

 

仕訳日計表への集計の仕方

①伝票から下書きに仕訳を書く。

・入金伝票
現金300,000/売掛金300,000
現金200,000/当座預金200,000
・出金伝票
仕入100,000/現金100,000
支払家賃80,000/現金80,000
・振替伝票
売掛金500,000/売上500,000

②仕訳を仕訳日計表に記入する。

例:現金の借方 300,000+200,000=500,000

 

                                                      仕訳日計表

借方 勘定科目 貸方
500,000 現金 180,000
当座預金 200,000
500,000 売掛金 300,000
売上 500,000
100,000 仕入
80,000 支払家賃
1,180,000 1,180,000

 

 

さらに「決算とは何か」もくじ一覧へ