資産の増加は「借方」、減少は「貸方」へ記入する

「資産」グループの基本的な仕訳をみていきましょう。

おもな資産グループの勘定科目を復習すれば、つぎのとおりです。

  • 現金
  • 当座預金
  • 売掛金(うりかけきん)
  • 受取手形(うけとりてがた)
  • 貸付金(かしつけきん)
  • 有価証券(ゆうかしょうけん)
  • 建物
  • 土地
  • 車両運搬具(しゃりょううんぱんぐ)

資産グループの仕訳の基本ルールはつぎのとおり。

借方に「増加」、貸方に「減少」となります。

 借方 貸方 
 増加 減少 

現金(げんきん)の仕訳 

簿記の「現金」は、わたしたちが使う現金よりも範囲が広くなります。

ふつう、私たちは、現金といえば、1万円札や千円札などの紙幣や100円玉などの硬貨を思い浮かべます。しかし、簿記では、小切手を受け取ったときなども現金になります。

[取引例1]

備品を購入し、代金10万円を現金で支払った。

 借方 貸方 
 備品 100,000 現金 100,000 

 

現金での支払いですから当然、現金が減少します。これは、資産の減少です。貸方に「現金100,000円」となります。一方、備品は「資産」です。資産の増加は、借方です。借方に備品100,000円となります。

[取引例2] 

・普通預金から現金20万円を引き出した。

 借方 貸方 
 現金  200,000 普通預金  200,000 

 

普通預金からの引き出しによって、現金が増えます。一方、現金を引き出されたことにより「普通預金」は減少します。 普通預金は、資産グループです。資産の減少は、貸方になります。このため、普通預金は、貸方に記入されます。

当座預金(とうざよきん)の仕訳      

小切手は、銀行の当座預金を利用します。実務では、小切手をよく利用しますので、しっかり、覚えましょう。

「取引例1」

当座預金に現金20万円を預け入れた。

 借方 貸方 
 当座預金 200,000 現金 200,000 

 

現金を「当座預金に預けた」ことは、資産グループである「当座預金」の増加です。借方に「当座預金」となります。 現金を預ければ、手元の現金が減少します。このため、資産の減少です。

[取引例2]

商品を仕入れ、代金10万円は小切手で支払った。

 借方 貸方 
 仕入 100,000 当座預金 100,000 

「小切手で支払った」のは、「当座預金」の減少です。小切手の支払いは、必ず、当座預金を利用しなければならないからです。  仕入は、費用の発生です。このため「借方」となります。

 

 

有価証券(ゆうかしょうけん)の仕訳

有価証券は、株式をイメージしてください。新聞には、毎日のように○○株式会社の株価が上がった。あるいは、下がった、というような株式に関する情報が掲載されています。有価証券は、これらの株式を購入したときに使用します。また、国が発行する国債・会社が発行する社債の購入も有価証券となります。

[取引例1]

A社の株券購入し、代金10万円は現金で支払った。

 借方 貸方 
 有価証券  100,000 現   金 100,000 

 

株券を購入すれば「有価証券」の増加となります。

「取引例2」

C社の社債を購入し、代金300万円は現金で支払った。

 借方 貸方 
 有価証券  3,000,000 現   金 3,000,000 

 

社債の購入は「有価証券」の増加となります。

売掛金(うりかけきん)の仕訳

売掛金とは、売上代金の未回収に使用します。

実務では、売上代金をすぐにその場で受け取るケースはほとんどありません。大抵は、一ヶ月後の受け取りなど、あとから代金を受け取ることが多いのです。これは、ビジネスが取引先との信頼で成り立っているからです。このため、売上代金の未回収分をあらわす勘定科目が必要になります。これが「売掛金」です。取引では「掛けで売り上げた」などの表現であらわされます。

[取引例1]

商品30万円を売り上げ、代金は掛けとした。

 借方 貸方 
 売掛金 300,000 売上 300,000 

 

掛けでの売り上げは、「売掛金」の増加となります。

[取引例2]

売掛金30万円を現金で受け取った。

 借方 貸方 
 現 金 300,000 売掛金 300,000 

 

「売掛金」の回収は、売掛金の減少となります。

 

受取手形(うけとりてがた)の仕訳 

受取手形とは、その名のとおり、「手形を受け取った」ときに使用します。手形とは、「誰が、誰に、いつ、いくら支払うのか」が、くわしく書かれた証券です。

手形には「約束手形」と「為替手形」があります。どちらの手形でも受け取れば、「受取手形」として処理します。受取手形は、支払い期日に決済(現金化のこと)されて減少します。

[取引例1]

売掛金の代金として30万円の約束手形を受け取った。

 借方 貸方 
 受取手形 300,000 売掛金 300,000 

 

約束手形の受取は「受取手形」の増加となります。

[取引例2]

30万円の受取手形が決済され、当座預金に入金した。

 借方 貸方 
 当座預金 300,000 受取手形 300,000 

 

受取手形が決済され、入金されたときは、「受取手形」の減少となります。

貸付金(かしつけきん)の仕訳

会社を経営するうえで、さまざまな事情から取引先にお金を貸すことがあります。これを「貸付金」といいます。もちろん、貸したお金ですから、あとから返してもらうことになります。

[取引例1]

A社に現金80万円を貸し付けた。

 借方 貸方 
 貸付金  800,000  現 金 800,000

 

お金を貸したのですから「貸付金」の増加になります。

[取引例2]

A社から貸付金80万円を現金で回収した。

 借方 貸方 
 現 金  800,000  貸付金 800,000

 

貸したお金が、返済されたときは、「貸付金」の減少になります。

 

固定資産(こていしさん)の仕訳 

簿記では、土地や建物、さらに車などの車両運搬具を「固定資産」といいます。

長い間、会社で使用する資産をイメージすればよいでしょう。

[取引例1]

社有車を購入し、代金100万円は現金で支払った。

 借方 貸方 
 車両運搬具 1,000,000 現金 1,000,000 

 

社有車は固定資産になります。勘定科目は、「車両運搬具」です。

[取引例2]

土地を購入し、代金3,000万円は現金で支払った。

 借方 貸方 
 土 地 30,000,000 現金 30,000,000 

 

土地は固定資産になります。

ここまで、さらりと資産グループの仕訳をみてきましたが、いかがでしたでしょうか。

勘定科目が、「どのグループなのか」を知っていれば、仕訳はとても簡単です。つまり、機械的にどんどん処理できます。しかし、どのグループなのかを知らないと非常に悩むことになります。「勘定科目」と「5つのグループ」の区分けが、いかに大切がわかると思います。それでは、他のグループもみていきましょう。