三分法とは何か

三分法とは、商品の売買を、「仕入」「売上」「繰越商品」という3つの勘定科目で、処理する方法です。

まずは、つぎの仕訳を三分法で行います。

商品を50,000円を仕入れ、代金は掛けとした。

 

借方 貸方
仕 入 50,000 買掛金 50,000

 

商品を60,000円で、売り上げ、代金は掛けとした。

借方 貸方
売掛金 60,000 売 上    60,000

 

決算を迎えた。期首商品は、30,000円。期末商品は20,000円であった。

借方 貸方
仕  入 30,000

繰越商品 20,000

繰越商品  30,000

仕  入  20,000

 

分記法とは何か

分記法とは、商品の売買を、「商品」と「商品売買益」という2つの勘定科目で、処理する方法です。

まずは、分記法で、つぎの仕訳を行います。

商品を50,000円を仕入れ、代金は掛けとした。

 

借方 貸方
商 品 50,000 買掛金 50,000

 

商品を60,000円で、売り上げ、代金は掛けとした。

借方 貸方
売掛金 60,000 商 品    50,000

商品売買益  10,000

 

決算を迎えた。期首商品は、30,000円。期末商品は20,000円であった。

借方 貸方
仕訳なし

 

 

さらに訂正仕訳について知る