小口現金とは何か

まず、読もう【小口現金】

会社では、日々、さまざまな経費の支出があります。
消しゴムやノートの購入はもちろん、社員の出張費や慶弔費などです。
このため、経理担当者が、ある程度の決まったお金を手もとにおいておくのがふつうです。
これを「小口現金」といいます。
小口現金は現金と全く同じです。
しかし、仕訳の処理上、小口現金を設けるときは、現金と区別し「小口現金」勘定とします。

 

小口係と会計係

 

小口現金制度では、小口現金を管理する人を小口係といいます。
小口係に現金を渡す、小口係から支払報告を受けて、仕訳を行う会社全体の資金管理をする人を会計係といいます。

 

定額資金前渡法

定額資金前渡法(インプレスト・システム)とは、

小口現金の金額を一定額、あらかじめ決めておき、毎月決まった手もと金をおく方法です。
このお金は、会計係から小口係に渡されます。
たとえば、毎月100,000円という一定額を小口現金とします。
経費75,000円を使用した場合は、小口係から、75,000円を補給してほしい、会計係に報告が入ります。
会計係は、小口係に75,000円渡すことで、小口資金が100,000円確保できるというわけです。

小口現金の仕訳



 

「小口現金」の仕訳

 

【会計係から小口係へ資金を渡す】

小口現金として、会計係は、小口係に小切手を振り出し、100,000円を渡した。

借方貸方
小口現金   100,000  当座預金  100,000

 

【小口係から会計係へ報告があった】

    小口係から会計係へ、今月の支払い明細書について、下記の通り報告があった。

     交通費 50,000円 通信費 30,000円 雑費 5,000円

借方貸方

                   交通費          50,000                            通信費           30,000                               雑  費           5,000

小口現金 85,000

 

 

   【小口現金を補給する】

   小口現金85,000円を小切手を振り出して補給した。

借方貸方
小口現金 15,000当座預金 15,000

メモ帳 【定額資金前渡法】 

定額資金前渡法の流れは、以下のようになります。
ながれをイメージすると、理解しやすいと思います。

【1】会計係から小口係へ資金を渡す。(仕訳あり)
【2】小口係が各社員の経費を支払う(仕訳なし)
【3】小口係が会計係に支払った経費の報告をする(仕訳なし)
【4】会計係が支払った経費分を補充し、小口係へ資金を渡す(仕訳あり)

 

図解すれば、以下の通りです。

【1】 □会計係 → □小口係

【2】        □小口係  → □各社員

【3】 □会計係 ← □小口係

【4】 □会計係 → □小口係

 

 

 

 

参考:小口現金/売上原価[問題編]

さらに三分法と分記法とは何か