仕入と売上の基本問題

仕入と売上の基本問題

ここでは、商品の掛による仕入についての問題を取り上げます。

【問題①】

A社は、B社から100,000を仕入れ、代金は掛けとした。なお、三分法で処理すること。                       

解答用紙

借方 貸方
   

問題②

A社は、B社に対する買掛金100,000を現金で支払った。

解答用紙

借方 貸方
   

ここからは、商品を掛で売上げたときの仕訳の問題を取り上げます。

問題③

Ⅽ社は、Ⅾ社へ商品300,000を売り上げ、代金は掛けとした。なお、三分法で処理すること。                       

解答用紙

借方 貸方
   

問題④

Ⅽ社は、Ⅾ社より、売掛金300,000を現金で回収した。

解答用紙

借方 貸方
   

 

参考:収益とは何か[講義編]

 

以下解答です。

問題①

A社は、B社から100,000を仕入れ、代金は掛けとした。なお、三分法で処理すること。                       

解答

借方 貸方
仕入   100,000 買掛金   100,000

問題②

A社は、B社に対する買掛金100,000を現金で支払った。

解答

借方 貸方
買掛金  100,000 現金 100,000

 

 

問題③

Ⅽ社は、Ⅾ社へ商品300,000を売り上げ、代金は掛けとした。なお、三分法で処理すること。                       

解答

借方 貸方
売掛金   300,000 売上   300,000

 

問題④

Ⅽ社は、Ⅾ社より、売掛金300,000を現金で回収した。

解答

借方 貸方
現金  300,000 売掛金 300,000

 

 

3級簿記の基本問題 もくじ一覧