第三章② 収益グループとは何か

簿記を学ぶポイント!売上と「もうけ」は違う

                      損益計算書

費用(50億)収益(80億)
利益(30億)

 

商品100万円を売り上げたとき、もうけである利益はいくらでしょうか?
たとえば、商品を80万円で仕入れたとすれば、100万円—80万円=20万円。
つまり、20万円のもうけ(利益)になります。


売り上げた100万円が、すべて「もうけ」である利益にはなりません。

「収益」とは、商品を売上げた100万円をいいます。
収益とは「もうけを得るための収入」をいいます。
見方をかえれば「収益とは、もうけを含んだ収入」というわけです。

「収益グループ」のおもな勘定科目と内容はつぎのとおり。

 

・売 上

商品を売り上げたときに使用します。

・受取利息

預金から得られた利息に使用します。

・受取配当金

株券などの有価証券を保有していると一定の時期になると配当金が支払われることがあります。
このような配当金を受け取ったときに使用します。

・有価証券売却益

有価証券を売却し、利益が出たときに使用します。
たとえば、株券を100万円で買ったのち、120万円で売れば、20万円の「有価証券売却益」となります。

・固定資産売却益

建物や土地などを売却し、利益が出たときに使用します。
たとえば、800万円で購入した土地を1000万円で売却すれば、200万円の利益です。
これが、「固定資産売却益」です。
なお、固定資産とは、資産のうち建物・土地・備品や車両運搬具など1年以上所有している資産をいいます。

 

利益について、詳しく学びたい人のために、ホームページを開設しております。
参考にしてください。

利益とは何か

 

メモ帳【収益】

収益をイメージしましょう。
収益とは、会社にとって、増えるとうれしいもの。減ると悲しいものある、
とイメージするとわかりやすいかも知れません。
「売上」が増えるとことは、会社にとって、うれしいことです。
反対に、売上が減ると、会社にとって、悲しいことです。
受取利息や受取配当金もそうです。
収益とは、会社にとって、増えるとうれしいもの、減ると悲しいもの、と考えるとイメージしやすいと思います。

収益とは何か ページのまとめ

☑簿記の収益とは、もうけを含んだ収入である
☑収益には、売上、受取利息、固定資産売却益などがある

                                損益計算書

   費用 収益
   利益

 

【速攻!チェック問題・収益編】


次の勘定科目のうち、収益勘定をチェックしなさい。

勘定科目チェック欄
現金 
売掛金 
受取利息 
借入金 
受取配当金 

 

 

【解答】

収益勘定は、受取利息、受取配当金です。

 

 

③「費用グループとは何か」

 

投稿者プロフィール

伊達敦
伊達敦中小企業研修協会 代表 
東京都武蔵野市。
決算書の見方、経営分析などマネジメントに知悉している商社勤務の実務家。
統括責任者として全国3000社を超える販売店及び代理店の経営実態の把握、
経営指標の分析に辣腕を発揮した。
また霞が関の中央官庁との交渉窓口も担当する。
独創的な決算書解説や経営分析理論は、海外でも高く評価され、著書は海外でも翻訳されている。
商業高校で、簿記の基本を学び、大学で簿記理論を体系的にしっかり学んだ。
大学在学中は、会計学の大家、中村忠教授、飯野利夫教授から 指導を受けた。また、日本簿記学会会長だった安平昭二教授から簿記の帳簿組織に関する論点を直接指導を受けた貴重な経験を持つ。
おもな著書 「まだ若手社員といわれるうちに知っておきたい会社の数字」講談社刊。ほか、決算書、経営分析に関する本をぱる出版、実業之日本社からの全国出版実績あり。
中小企業研修協会代表。ファイナンシャルプランナー。
欅坂46、櫻坂46の大ファン。DVDをすべて揃えている。元欅坂46の佐藤詩織のファンであり、櫻坂46の推しメンは、関有美子。