費用グループとは何か

稼ぐための支出

                            損益計算書

費用(50億) 収益(80億)
利益(30億)

 

収益を得るためには、さまざまな支出がかかります。
商品を売るためには、そもそも商品を仕入れなければなりません。
社員の給料はもちろん、オフィスの賃借料、電話・ファックスなどの通信費、また営業でつかうガソリン代。
このように収益を得るためにかかる支出を「費用」といいます。

「費用グループ」の勘定科目と内容はつぎのとおり。

・仕入

商品を仕入れたときに使用します。

・給料

社員に支払ったお給料に使用します。

・通信費

電話料あるいは、ファックスやインターネットの通信料。ハガキ代や切手代などに使用します。

・旅費交通費

電車や地下鉄代あるいはバス代に使用します。また、社員の出張旅費代にも使用します。

・水道光熱費

水道代や電気代あるいは、ガス代などに使用します。

・広告宣伝費

会社の宣伝のために新聞広告やチラシ、あるいはインターネット広告を使用したときに使用します。

・保険料

会社で加入するさまざまな保険料に使用します。一般的には、火災保険や自動車保険などがあります。

・支払家賃

オフィスの賃借料に使用します。

・接待交際費

取引先のお客さんを接待したときにかかった飲食代の支出に使用します。

・有価証券売却損

株券などの有価証券を売却し、損失が出たときに使用します。

・固定資産売却損

会社が所有する建物・土地・備品あるいは、車両運搬具を売却し、損失が出たときに使用します。

 

「仕訳とは何か」のもくじ一覧