第二章① 貸借対照表を知る

貸借対照表で、財産がわかる

お金持ちに見えた人が、大きな借金を抱えていた。
これは、よくある話です。

たとえば、佐藤さんは、5億円の豪邸に住んでいます。
海の見える小高い丘にある豪華な家で、周囲のあこがれです。
しかし、佐藤さんをくわしく知ると、多額の借金をしていることがわかりました。
銀行からなんと10億円の借金をしていることがわかったのです。
5億円の豪邸の2倍の借金があったのです。
この場合、佐藤さんをお金持ちといえるでしょうか?


このようなケースは、会社でもよくあります。
ある会社が100億円の資産を持ち、本社が都心の高層ビルにあるとしても、
銀行からの借入金が200億円もあったのでは、とても優良企業とはいえません。
資産を超える大きな借金を抱える会社と取引をするのは、とても危険なことです。
いつ倒産してもおかしくないからです。

貸借対照表は、資産、負債、純資産で作成される

このため、会社の「財産」をくわしく知ることが必要です。
会社の「財産」は、「貸借対照表」でわかります。
そして、この貸借対照表は「資産」「負債」「純資産」の3つのグループで成り立っています。

                       

貸借対照表


資産

負債

純資産

「資産」から「負債」を差し引いた残額が「純資産」です。
資産が100億円で、負債が80億円なら純資産は、20億円となります。

メモ帳【貸借対照表】

貸借対照表は、英語でバランス・シート(Balance Sheet)といいます。このため、貸借対照表のことを「ビー・エス(B/S)」ということもあります。

【速攻!チェック問題・貸借対照表編】

次の貸借対照表の( ① )に入る用語を入れなさい。

【問題】

                       貸借対照表


資産(200)

負債(160)

( ① )(40)

【解答】

                       貸借対照表


資産(200)

  負債(160)

純資産(40)

「資産」から「負債」を差し引いた残額が「純資産」です。

貸借対照表を知る まとめ

  • 貸借対照表で会社の財産がわかる
  • 貸借対照表は、資産、負債、純資産の3つのグループで作成される
  • 資産ー負債=純資産 という計算式が成り立ちます

第二章 会社の財産は、貸借対照表でわかる もくじ一覧