会社の財産は、貸借対照表でわかる

それでは、会社の財産について、身近な例で考えていきましょう。

 

会社の「財産」を知る

 

お金持ちに見えた人が、意外な借金があった。
そんな話は、よくある話です。

たとえば、佐藤さんは、5億円の豪邸に住んでいます。
海の見える小高い丘にある豪華な家で、周囲のあこがれです。
しかし、佐藤さんのことをくわしく知ると、大変な金額の借金をしていることがわかりました。
銀行からなんと10億円の借金をしていることがわかったのです。
5億円の豪邸の2倍の借金があったのです。
このとき、佐藤さんをお金持ちといえるでしょうか?


これは、会社でもよくあるケースです。
ある会社が100億円の資産を持ち、本社が高層ビルだったとしても、
銀行からの借入金が200億円もあったのでは、とても優良企業とはいえません。
資産を超える大きな借金を抱える会社と取引をするのは、とても危険なことです。
いつ倒産してもおかしくないからです。

 

このため、会社の「財産」をくわしく知ることが必要です。
会社の「財産」は、「貸借対照表」で知ることができます。
そして、この貸借対照表は、つぎのような「資産」「負債」「純資産」の3つのグループで成り立っています。

               貸借対照表

資産(100億)負債(80億)
純資産(20億)

 

「資産」から「負債」を差し引いた残額が「純資産」です。
資産が100億円で、負債が80億円なら純資産は、20億円となります。

それでは、つぎに「資産グループ」の中身から順番にみていきましょう。 

 

貸借対照表について、詳しく学びたい人のために、ホームページを開設しております。
参考にしてください。

貸借対照表とは何か

 

メモ帳【貸借対照表】

貸借対照表は、英語でバランス・シート(Balance Sheet)というため、貸借対照表のことを「ビー・エス(B/S)」
ということもあります。

 

会社の財産は、貸借対照表でわかる ページのまとめ

☑会社の財産は、貸借対照表でわかる
☑貸借対照表は、資産、負債、純資産という3つのグループで成り立つ

 

つぎに「資産グループについて」知る