第三章① 営業成績は、損益計算書でわかる

損益計算書で「会社の営業成績」がわかる

会社の営業成績は、「損益計算書」でわかります。

身近な例で考えてみましょう。
学校の「成績表」をイメージしてください。

A君の成績表は、つぎのとおりでした。

国語 数学 英語
90 40 95 225

 

この成績表からA君は、国語や英語の成績が優秀なことがわかります。
一方で、数学は、成績が良くなく、苦手なようです。
成績表によって、教科ごとの理解度や達成度がわかります。
また、成績表は、苦手教科の克服のため、今後の勉強方法にも役立ちます。

 

損益計算書で、会社の儲けがわかる


モノやサービスがどれくらい売れたのか、費用はいくらかかったのか?
そして、いくら儲かったのか?を知ることができます。
損益計算書は、会社の営業方法や経営戦略にも役立つ資料になります。 

                                   損益計算書

費用(50億) 収益(80億)
利益(30億)

 

「収益」から「費用」を差し引いた残額が「利益」です。
収益が80億円で、費用が50億円なら利益は、30億円となります。

それでは、つぎに「収益グループ」の中身からみていきましょう。 

 

損益計算書について、詳しく学びたい人のために、ホームページを開設しております。
参考にしてください。

損益計算書とは何か

 

メモ帳【損益計算書】

損益計算書は、英語でプロフィット・アンド・ロス・ステートメント(Profit&Loss Statement)というため、損益計算書のことを「ピー・エル(P/L)」ということもあります。

このページのまとめ

☑損益計算書で、会社の「営業成績」がわかる
☑損益計算書で、会社の「儲け」がわかる

 

 

【速攻!チェック問題・損益計算書編】

次の損益計算書の( ① )に入る用語を入れなさい。

                               損益計算書

( ① )(70億) 収益(100億)
利益(30億)

 

 

【解答】

                               損益計算書

(費用)(70億) 収益(100億)
利益(30億)

 

「収益」から「費用」を差し引いた残額が「利益」です。

 

 

 

②「収益グループ」とは何か