連結会計・「のれん」とは何か 

連結会計においては、取得した株式価格と子会社の資本の価格が同じである場合は、処理はシンプルなものになります。しかし、現実は、そう単純な処理ばかりではありません。つぎに、A社がB社を1,500円で取得したケースを考えてみましょう。

 

[支配獲得日の連結会計] 

A社は、B社の株式を1,500円で取得した。このときの連結修正仕訳を示し、連結貸借対照表を作成すればつぎのとおりになります。

借方 A社 B社 貸方 A社 B社
諸資産 5,000 3,000 諸負債 4,000 2,000
B社株式 1,000 資本金 2,000 1,000
6,000 3,000 6,000 3,000

 

連結会計の仕訳

 

[A社の仕訳]
借方 貸方
B社株式  1,500         現金   1,500

 

[B社の仕訳]
借方        貸方
仕訳なし  

 

子会社になるB社では、株主が変更になるだけで、特にこれといった仕訳は必要ありません。ただし、親会社であるA社は、合併貸借対照表を作成する際に、投資と資本を相殺します。なぜなら、投資と資本の重複計上を避けるためです。B社株式と資本金の逆仕訳が必要です。 

B社の資本(純資産)が、1000円の価値なのに対し、親会社になるA社は、1,500円の投資したことになります。いわば、過剰投資です。しかし、その過剰投資分こそが、B社のブランド力であり、企業イメージなのです。このブランド力を「のれん」といいます。

 

[逆仕訳]
借方 貸方
       資本金  1,000  
        のれん    500
   B社株式   1,500

 

修正仕訳後の連結貸借対照表は、つぎのとおりになります。

B社の資本(純資産)が、1000円の価値なのに対し、親会社になるA社は、1,500円投資したのです。いわば、過剰投資です。しかし、その過剰投資分こそが、B社の価格ではかることのできないブランド力であり、企業イメージなのです。このブランド力を「のれん」といいます。

借方 金額 貸方 金額
諸資産 8,000 諸負債 6,000
のれん 500 資本金 2,500
8,500 8,500