連結会計・非支配株主持分とは何か

連結会計・非支配株主持分とは何か 

連結会計においては、A社が、B社の株式をすべて取得しないケースもあります。
たとえば、B社の株式60%を取得するようなケースです。
このとき、B会社は、40%が、A社以外の株主が存在することになります。
このA社以外の40%の株主を非支配株主持分といます。
つぎに、A社がB社の株式60%を600円で取得したケースを考えてみましょう。

 

[支配獲得日の連結会計] 

A社は、B社の株式60%を600円で取得した。
このときの連結修正仕訳を示し、連結貸借対照表を作成すればつぎのとおりになります。

借方 A社 B社 貸方 A社 B社
諸資産 5,000 3,000 諸負債 4,000 2,000
B社株式 600 資本金 1,600 1,000
5,600 3,000 5,600 3,000

 

[A社の仕訳]
借方 貸方
B社株式  600         現金   600
[B社の仕訳]
  借方      貸方
仕訳なし  

子会社になるB社では、株主が変更になるだけで、特にこれといった仕訳は必要ありません。
ただし、親会社であるA社は、合併貸借対照表を作成する際に、投資と資本を相殺します。
なぜなら、投資と資本の重複計上を避けるためです。
このため、B社株式と資本金の逆仕訳が必要です。

[逆仕訳]
   借方    貸方
資本金  1,000     

   B社株式   600

  非支配株主持分 400

修正仕訳後の連結貸借対照表は、つぎのとおりになります。

借方 金額 貸方 金額
諸資産          8,000 諸負債 6,000
    資本金 1,600
    非支配株主持分 400
8,000 8,000

会社の数字が苦手な人のための「決算書講座」発売中!

✓後輩から、営業利益と経常利益の違いを質問され、困ってしまった…。
✓同期から、新規事業の損益分岐点の相談を受けた。でも「何それ?!」と満足に応えることができなかった…。
✓上司に「客先をABC分析で絞り込め!」と指示されたが、そもそも意味がわからなかった…。 
✓会議で、与信管理の意見を求められた。自己資本比率についてだったが、発言できなかった…。
✓会議で使える「会社の数字」に強くなる決算書の本がほしい!
✓すぐに役立つ、安くて、簡単な決算書の教材がほしい!