材料は、材料、買入部品費、補助材料費、工場消耗品費などに分けることができます。おもな材料について見ていきましょう。

 

・材料

材料は、その生産すべき製品の素材となるものと考えてよいでしょう。材料のうち、製品の主要部分になるものを主要材料といいます。その他を補助材料といいます。

 

・買入部品費

製品にそのまま取り付けられる部品,工場消耗品費 軍手やマスクなど

 

材料費は、ある製品にいくらかかったかが明らかかどうかによって、直接材料費と間接材料費に分類することができます。

 

[図解]

種        類 内                容
直接材料費 主要材料費、買入部品費
間接材料費 補助材料費、工場消耗品費

 

・材料を購入したときの仕訳

[例題]

材料100,000円を仕入れ、代金は掛けで支払った。

 

借方 貸方
材料   100,000 買掛金  100,000

 

[例題]

材料100,000円を仕入れ、代金は掛けで支払った。

なお、引き取り運賃5,000円は現金で支払った。

 

借方 貸方
材料   105,000  買掛金  100,00

現  金       5,000

 

材料を消費したとき(製造したとき)の仕訳

直接材料費の消費は、「仕掛品」勘定を使用します。間接材料費の消費は、「製造間接費」勘定を使用します。

[例題]

材料80,000円を消費した。内訳は、50,000円が直接材料費、30,000円が間接材料費である。

 

借方 貸方
仕掛品       50,000

製造間接費     30,000

材料     80,000

 

さらに材料費の消費数量の計算を知る