証憑(しょうひょう)とは何か

会社が行う取引では、しっかりした証明が必要です。

例えば、商品を納品しました、代金を受け取りました、という具合です。

このような取引に関係する書類を証憑といいます。

代表的な証憑は、モノやサービスの代金を受け取った際に発行する領収書、あるいは、

モノやサービスの代金を請求するために発行する請求書などです。

証憑は、実務において税務調査などでは、大変重要な役割を果たします。

日頃から経理業務では、意識して整理整頓しておきましょう。

以下、おもな証憑を列記します。

名 称内   容
見積書モノやサービスを提供する際に提示するものです。
あらかじめ商品名や金額、数量などの条件を提示する書類
請求書提供したモノやサービスの代金を請求するための書類
納品書提供したモノやサービスを納品したときに、その内容を記載した書類
注文書モノやサービスを注文するときに発行する書類。
商品名、数量、単価、金額が記載されます
注文請書モノやサービスを注文を引き受けたときに発行する書類。
商品名、数量、単価、金額が記載されます
契約書取引の内容や条件など、双方の同意を証明する書類
領収書代金を受け取ったことを証明する書類。一定額以上の金額で収入印紙を貼る必要があります。

会社の数字が苦手な人のための「決算書講座」発売中!

✓後輩から、営業利益と経常利益の違いを質問され、困ってしまった…。
✓同期から、新規事業の損益分岐点の相談を受けた。でも「何それ?!」と満足に応えることができなかった…。
✓上司に「客先をABC分析で絞り込め!」と指示されたが、そもそも意味がわからなかった…。 
✓会議で、与信管理の意見を求められた。自己資本比率についてだったが、発言できなかった…。
✓会議で使える「会社の数字」に強くなる決算書の本がほしい!
✓すぐに役立つ、安くて、簡単な決算書の教材がほしい!