初級原価計算② 製造原価計算とは何か

ここでは、具体的に原価計算の中身を学習していきます。
まず、ざっくり原価計算の学ぶ上での基本知識である「製造原価」について学びます。
その後、製造直接費と製造間接費について、説明していきます。

製造原価は、3つに区分されます

製品を製造するためにかかった費用を「製造原価」といいます。
製造原価は、大きく、材料費、労務費、経費の3つに分類されます。

 

製造原価

材料費(原材料)
労務費(人件費)
経費(電気代や水道代など)

 

 

【虎の巻/メモ帳】

ラーメン店でイメージしてみましょう。
ラーメンの麺は、小麦粉で出来ていますから、小麦粉は、材料費になります。
ラーメンを作る料理人に支払うお給料が、労務費になります。
材料費や労務費以外のラーメン店の電気代や水道代を経費といいます。

 

 

製造直接費と製造間接費とは何か

製造原価は、製品との関連性により「製造直接費」と「製造間接費」に区分することができます。
もう少し、具体的に見ていきましょう。

直接製造費とは、ある特定の製品の消費に要したことが明らかな費用で、その製品の原価として直接集計するものです。
具体的なイメージとしては、A製品にのみ発生し消費される費用というわけです。
間接製造費とは、その消費が、各製品にまたがって、共通的に発生する費用をいます。

製造原価 製造直接費 ある特定の製品の消費に要したことが明らかな費用
製造間接費 各製品にまたがって、共通的に発生する費用をいます

 

【虎の巻/メモ帳】

たとえば、自転車を製造している工場をイメージしてください。
A型自転車、B型自転車、C型自転車、そしてD型自転車 の4種類を製造しているとします。
各自転車の製造にあたり、タイヤやフレームは、各型ごとに決まっていますから、直接的に
原価を計算できます。これが「製造直接費」です。
しかし、工場全体の電気や水道代は、各型ごとに計算することはできません。
すなわち、このような費用を「製造間接費」として扱うわけです。

 

 

初級原価計算③ 材料費、労務費、経費とは何か

 

 

会社の数字が苦手な人のための「決算書講座」発売中!

✓後輩から、営業利益と経常利益の違いを質問され、困ってしまった…。
✓同期から、新規事業の損益分岐点の相談を受けた。でも「何それ?!」と満足に応えることができなかった…。
✓上司に「客先をABC分析で絞り込め!」と指示されたが、そもそも意味がわからなかった…。 
✓会議で、与信管理の意見を求められた。自己資本比率についてだったが、発言できなかった…。
✓会議で使える「会社の数字」に強くなる決算書の本がほしい!
✓すぐに役立つ、安くて、簡単な決算書の教材がほしい!