工業簿記における財務諸表

工業簿記における財務諸表とは何か

商業簿記では、損益計算書と貸借対照表がありました。
製造業においては、これらに加えて製造原価報告書という財務諸表を作成します。

 

工業簿記における財務諸表の流れ

 

仕掛品

期首 完成品
当期
期末

 

 

製造原価報告書とは何か

 

この仕掛品による明細を把握し、完成品を把握するのが製造原価報告書です。

 

 

製品

期首 販売
完成品
期末

 

この仕掛品から完成品(製品)を受け、顧客へ販売した営業成績や会社の財産明細を知るのが損益計算書貸借対照表になります。

 

 

製造原価報告書の形式①

会社の数字が苦手な人のための「決算書講座」発売中!

✓後輩から、営業利益と経常利益の違いを質問され、困ってしまった…。
✓同期から、新規事業の損益分岐点の相談を受けた。でも「何それ?!」と満足に応えることができなかった…。
✓上司に「客先をABC分析で絞り込め!」と指示されたが、そもそも意味がわからなかった…。 
✓会議で、与信管理の意見を求められた。自己資本比率についてだったが、発言できなかった…。
✓会議で使える「会社の数字」に強くなる決算書の本がほしい!
✓すぐに役立つ、安くて、簡単な決算書の教材がほしい!