個別原価計算とは何か

個別原価計算とは何か

個別原価計算とは、顧客の注文に応じて製品を製造する場合に適した原価計算です。

イメージとしては、同一車種を大量に製造するものではなく、特注されたスーパーカー一台を製造するのに適した原価計算が、個別原価計算というわけです。

 

個別原価計算の特徴

個別原価計算の特徴は、「製造指図書」があげられます。製造指図書は、製品を製造するための指南書というイメージです。

 

原価計算表

項目No1No2合計
直接材料費2,0003,0005,000
直接労務費1,0001,5002,500
直接経費8005001,300
製造間接費7005001,200
合計4,5005,50010,000

 

直接材料費、直接労務費、直接経費は、個別製品ごとにいくらかかったのか、明確にわかるコストですから、個別に集計します。これを賦課といいます。

 

例 次の資料に基づいて、原価計算表の直接材料費、直接労務費、直接経費を記入しなさい。

[資料]

項目      No1          No2

直接材料費  5,000         3,000

直接労務費       4,000         2,000

直接経費          1,000            500

 

原価計算表

項目No1No2合計
直接材料費5,0003,0008,000
直接労務費4,0002,0006,000
直接経費1,0005001,500
合計10,0005,50015,500

 

 

製造間接費の配賦

製造間接費(間接材料費、間接労務費、間接経費)は、個別の製品ごとにいくらかかったコストなのか、明確ではありません。
このため、何らかの基準を用いて各々の製品に振り分けることになります。この基準を配賦基準といいます。

 

例 次の資料に基づいて、原価計算表を完成させなさい。

[資料]製造間接費の実際発生額は、8,000円である。配賦基準は、直接作業時間を用いる。

項目          No1          No2        計

直接作業時間      40h          60h        100h

配賦基準  8,000円÷100h=80(1h)

 

原価計算表

項目No1No2合計
直接材料費5,0003,0008,000
直接労務費4,0002,0006,000
直接経費1.0005001,500
製造間接費3,2004,8008,000
合計13,20010,30023,500
備考

 

参考

No1  40h×80円=3,200

No2  60h×80円=4,800