給与計算と原価計算

賃金給料の消費額の計算

 

原価計算の集計期間は、毎月1日から月末までの1か月間です。
しかし、私たちの給与は、一般的に15日締めの25日支払い、
あるいは、20日締め、25日支払い、というように原価計算期間と必ずしも一致しません。

このため、原価計算期間と給与計算期間のズレを調整する必要があります。

 

具体的に原価計算期間と給与計算のズレを見ていきましょう。

 

※    賃金計算期間 (4/21から5/20)

4/21                              5/1                                           5/20                              5/31

  当月賃金支給額         300,000円
前月未払賃金額 40,000円 当月未払賃金額 50,000円

 

※ 原価計算期間(5/1から5/31)

  当月賃金消費額 310,000円

 

 

参考:当月消費額=当月支給額+当月未払額―前月未払額

310,000=300,000+50,000-40,000

 

 

経費とは何か

 

 

会社の数字が苦手な人のための「決算書講座」発売中!

✓後輩から、営業利益と経常利益の違いを質問され、困ってしまった…。
✓同期から、新規事業の損益分岐点の相談を受けた。でも「何それ?!」と満足に応えることができなかった…。
✓上司に「客先をABC分析で絞り込め!」と指示されたが、そもそも意味がわからなかった…。 
✓会議で、与信管理の意見を求められた。自己資本比率についてだったが、発言できなかった…。
✓会議で使える「会社の数字」に強くなる決算書の本がほしい!
✓すぐに役立つ、安くて、簡単な決算書の教材がほしい!