有価証券とは何か

有価証券の仕訳において、注意すべきは、以下の2点です。

①有価証券の購入にかかった諸費用(付随費用)は、購入原価に含める。

②売却のときには、A銘柄、B銘柄などのように銘柄ごとに売却益、あるいは、売却損を計算する。

 

有価証券の仕訳

 

[例1]売買目的で、A銘柄30株(1株@60,000)を購入し、証券会社に支払う手数料150,000円とともに現金で支払った。

借方 貸方
売買目的有価証券 1,950,000 現金 1,950,000

 

※ 30株×@60,000=1,800,000

1,800,000+150,000=1,950,000

[例2]上記、A株を10株、@80,000で、売却し、代金は当座預金に振り込まれた。

 

借方 貸方
当座預金 800,000 売買目的有価証券 650,000

有価証券売却益  150,000

 

※ 1,950,000÷30株=650,000 単価65、000

10株×@65、000=650,000 [売却された売買有価証券価額]

[例3]上記、A株を20株、@40,000で、売却し、代金は当座預金に振り込まれた。

 

借方 貸方
    当座預金    800,000

有価証券売価損       500,000

売買目的有価証券1,300,000

 

※ 1,950,000÷30株=650,000 単価65、000

20株×@65、000=1,300,000 [売却された売買有価証券価額]

(65、000−40,000)×20株=500,000[売却損]

 

 

会社の数字が苦手な人のための「決算書講座」発売中!

✓後輩から、営業利益と経常利益の違いを質問され、困ってしまった…。
✓同期から、新規事業の損益分岐点の相談を受けた。でも「何それ?!」と満足に応えることができなかった…。
✓上司に「客先をABC分析で絞り込め!」と指示されたが、そもそも意味がわからなかった…。 
✓会議で、与信管理の意見を求められた。自己資本比率についてだったが、発言できなかった…。
✓会議で使える「会社の数字」に強くなる決算書の本がほしい!
✓すぐに役立つ、安くて、簡単な決算書の教材がほしい!