精算表を作成する

精算表とは何か


精算表とは、決算整理仕訳のあと、誤りのないよう円滑に貸借対照表と損益計算書を完成させるために作成するものです。ここでは、単純な例をつかって、精算表の基本を理解しましょう。

 

精算表の作成手順

・残高試算表を精算表の左端にある残高試算表欄にそのまま書き写す

・決算整理仕訳を決算整理の欄に記入する

・残高試算表の科目ごと決算整理欄でのプラス、マイナスを経て、資産・負債・純資産は、貸借対照表の欄へ、収益・費用は、損益計算書の欄へ移す。

・損益計算書と貸借対照表を計算する

 

[決算整理仕訳]

貸倒引当金繰入  30,000   貸倒引当金   30,000

・支払家賃     5,000    未払家賃     5,000 

・受取利息     15,000    前受利息    15,000

       精算表

                                                               [単位:千円]

勘定科目試算表修正仕訳損益計算書貸借対照表
借方貸方借方貸方借方貸方借方貸方
現     金600     600 
売掛金200     200 
貸倒引当金   30   30
備    品300     300 
買掛金 150     150
未払金 100     100
資本金 500     500
売     上 1,000   1,000  
受取利息 5015  35  
仕    入650   650   
支払家賃50 5 55   
 1,8001,800      
貸倒引当金繰入  30 30   
未払家賃   5   5
前受利息   15   15
当期純利益    300  300
   50501,0351,0351,1001,100

 

 

参考:精算表[問題編]

さらに貸借対照表と損益計算書について知る