外貨取引とは何か ①

会社の規模が拡大し、取引規模もどんどん増えてくると、当然ながら、海外との取引も発生する会社も出てきます。海外との取引では、アメリカ商圏とのドル取引ばかりでなく、ヨーロッパ商圏とのユーロ取引もあります。ここでは、海外企業との取引における必須の知識となる外貨建取引について、紹介していきます。

 

外貨建取引の取引事例①

A社は、海外企業であるB社から商品を仕入にあたり、5月1日前払金を1000ドル支払った。なお、5月1日:1ドル105円である。

借方 貸方
前払金    ※105,000                                  現金          105,000

※1000円×105円(ドル)=105,000円 

5月20日に、海外企業B社から商品1500ドルを輸入した。なお、5月20日:1ドル110円

借方 貸方
仕入        160,000                       前払金                 105,000     
   買掛金                  55,000

 

先に支払った前払金105,000円を振り替えます。さらに500ドル分は、500ドル×110円=55,000円となります。注意:1500×110ドル=165,000円ではありません。

 

5月31日 買掛金を支払った。なお、5月31日:1ドル108円。

借方 貸方
買掛金    55,000                          現金                  54,000   
      為替差損益                  1,000

為替相場の変動から生じた差額は、為替差損益で処理します。

ここまでが、海外企業から商品を仕入れたケースになります。