貸借対照表では、当期純利益は「繰越利益剰余金」に表示されます。簿記において、利益は、最初に損益勘定に計上され、次に「繰越利益剰余金」勘定に振り替えます。「繰越利益剰余金」が、これまでの利益の積立額というのは、このためです。損益計算書で、その期の「利益」を知り、貸借対照表で、これまでの利益の積立額を知ることができます。

[例]損益勘定に計上された利益100,000円を繰越利益剰余金に振り替えた。

 

借方 貸方
損    益 100,000 繰越利益剰余金 100,000