初級原価計算④製造直接費, 製造間接費とは何か

製造直接費と製造間接費について、具体的に説明していきます。
原価計算の基本中の基本になりますから、しっかり学んでいきましょう。

製造直接費とは何か

原価のうち、直接材料費、直接労務費、直接経費といった製造直接費は、どの製品にいくら
かかったのか、が明確な原価です。
このため、製品に集計することが容易になります。
この製造直接費の集計を「直課(ちょっか)」といいます。

たとえば、異なる製品であるA製品とB製品を製造している工場があります。
直接製造費をA製品とB製品にそれぞれ直課すれば、以下のような原価計算表になります。

 

 

原価計算表

項目 製品A 製品B 合計
直接材料費 5,000 3,000 8,000
直接労務費 4,000 2,000 6,000
直接経費 1.000 500 1,500
合計 10,000 5,500 15,500

 

A製品、B製品とそれぞれ明確に直接材料費、直接労務費、直接経費と区分することができます。
直接、賦課できるので「直課」というわけです。

 

製造間接費とは何か

製造間接費である間接材料費、間接労務費、間接経費は、個別の製品ごとにいくらかかったコストなのか、
明確ではありません。
このため、何らかの基準を用いて各々の製品に振り分けることになります。
この基準を「配賦(はいふ)基準」といいます。
製造間接費は、さまざまな配賦基準によって、各製品に結びつけられます。

 

【例】 次の資料に基づいて、原価計算表を完成させなさい。

[資料] 製造間接費の実際発生額は、8,000円である。
配賦基準は、直接作業時間を用いること。

 

                                  製品A      製品B           計

直接作業時間      40h          60h     100h

 

配賦基準  8,000円÷100h=80円(1h)

 

 

原価計算表

項目 製品A 製品B 合計
直接材料費 5,000 3,000 8,000
直接労務費 4,000 2,000 6,000
直接経費 1.000 500 1,500
製造間接費 3,200 4,800 8,000
合計 13,200 10,300 23,500

 

【参考:配賦基準の計算】

製品A  40h×80円=3,200

製品B  60h×80円=4,800

 

【メモ帳/虎の巻】

ラーメン店でイメージしましょう。

 

原価計算表

項目 塩ラーメン みそらーめん 合計
麺(直接材料費) 5,000 3,000 8,000
調理人(直接労務費) 4,000 2,000 6,000
ガス代(製造間接費) 3,200 4,800 8,000
合計 12,200 9,800 22,000

 

                                  製品A      製品B           計

調理人の料理時間   40h          60h     100h

 

配賦基準  8,000円÷100h=80円(1h)

 

【参考:配賦基準の計算】

塩ラーメン   40h×80円=3,200

みそラーメン  60h×80円=4,800

 

 

初級原価計算⑤ 完成品と仕掛品とは何か