初級簿記② 「簿記の要点」とは何か

「簿記の要点」を覚えましょう!

最初に覚えるべき「簿記の要点」があります。

 

何事にも基本となる要点があります。

簿記の学習にも要点があります。
まずは、理屈抜きで、とにかく簿記の要点を覚えましょう。

 

・要点①  勘定科目(かんじょうかもく)とは何か

・要点②  仕訳(しわけ)とは何か

 

まず、ざっくり説明していきます。
くわしくは、のちの各講座で、くわしく説明していきます。
ここでは、簡単なイメージをつかめれば十分です。

要点①である「勘定科目」から見ていきましょう。

 

要点①「勘定科目」とは何か

簿記の「勘定科目」とは、英語を学ぶときの「英単語」と同じです。
英語を話すにしても書くにしても「英単語」を知らなければ、どうにもなりません。
同じように簿記を学ぶとき「勘定科目」は、かならず覚えなければなりません。

勘定科目は理屈抜きに覚えるしかないのです。

勘定科目は、5つのグループに分けられます。

□資産(しさん)グループ

□負債(ふさい)グループ

□純資産(じゅんしさん)グループ

□収益(しゅうえき)グループ

□費用(ひよう)グループ

 

【参考】

簿記によって、貸借対照表と損益計算書が作成されます。
資産、負債、純資産、収益、費用は、以下のように表示されます。

 

要点②「仕訳」とは何か。


仕訳とは

要点①で覚えた「勘定科目」を使ってあらわす、
簿記の「言葉(ことば)」と考えてください。

簿記が苦手な人というのは、この仕訳がよくわかっていない人がほとんどです。

初級講座では、この「仕訳」をていねいに説明していきます。

 

まず、仕訳には、基本ルールが3つあります。
まずは、理屈抜きで、つぎの仕訳の3つの基本ルールをとにかく覚えましょう。

 

 

□仕訳の基本ルール①

 

  簿記には「フォーム」がある

簿記には決まった「フォーム」があります。簿記の形式といってもよいでしょう。

簿記のフォームは、つぎのようなものです。

簿記のフォーム

 借方(かりかた) 貸方(かしかた)
 

 

 

フォームの左側を「借方(かりかた)」といいます。そして右側を「貸方(かしかた)」といいます。

具体的な使い方は、これからくわしく説明していきます。
ここでは、簿記には「フォーム」があること。
そして、左側が「借方」、右側が「貸方」という簿記の用語を覚えましょう。

 

□仕訳の基本ルール②    

 

借方と貸方は異なる勘定科目になる

簿記では、異なる勘定科目が、簿記のフォームに記載されます。
たとえば、借方に「A勘定科目」、貸方「B勘定科目」というようになります。

 

  借方  貸方
   A勘定科目   B勘定科目  

 

□仕訳の基本ルール③ 

 

左右の金額は同じになる  

これは、「借方」と「貸方」という左右に記入される金額が「必ず同じになる」ということです。

つぎの金額をみてください。「借方」「貸方」とも同じ10,000円という同じ金額が記入されています。
簿記では、「借方」と「貸方」に必ず同じ金額が記入されるのです。

  借方  貸方
  A勘定科目 10,000  B勘定科目 10,000 

 

仕訳については、のちの講座でくわしく説明していきます。

 

□第三講義 簿記の流れをつかむ