製造原価報告書を作成する

製造原価報告書を作成する

以下の資料にもとづいて、製造原価報告書を作成します。

[資料]

1棚卸資産有高

期首有高 期末有高
主要材料 100,000 120,000
補助材料 40,000 20,000
仕掛品 130,000 160,000

 

2・材料当期仕入高

当期仕入高
主要材料 1,800,000
補助材料 400,000

 

3・賃金・給料未払額

期首未払額 期末未払額
直接工賃金 60,000 40,000
間接工賃金 48,000 28,000
給料 12,000 16,000

 

4・賃金・給料当期支払額

当期支払額
直接工賃金 1,120,000
間接工賃金 700,000
給料 440,000

 

5・当期経費

当期経費
水道光熱費 24,000
減価償却費 108,000
保険料 50,000

 

注)主要材料費はすべて直接材料費である。直接工賃金はすべて直接労務費である。

 

             製造原価報告書

Ⅰ材料費

主要材料費                      1,780,000

補助材料費                         420,000                2,200,000  

Ⅱ労務費

直接工賃金                      1,100,000

間接工賃金                        680,000

給料                                 444,000                 2,224,000   

Ⅲ経費

水道光熱費                             24,000

減価償却費                           108,000

保険料                                   50,000                182,000   

当期総製造費用                                              4,606,000

期首仕掛品棚卸高                                              130,000

合計                                                             4,732,000

期末仕掛品棚卸高                                              160,000

当期製品製造原価                                            4,572,000

 

[計算詳細]

1 材料費

① 主要材料費

100,000+1,800,000-120,000=1,780,000

② 補助材料費

40,000+400,000-20,000=420,000

2 労務費

① 直接工賃金

1,120,000+40,000-60,000=1,100,000

② 間接工賃金

700,000+28,000-48,000=680,000

3 給料

440,000+16,000-12,000=444,000

 

 

製造原価報告書と損益計算書を作成する

 

会社の数字が苦手な人のための「決算書講座」発売中!

✓後輩から、営業利益と経常利益の違いを質問され、困ってしまった…。
✓同期から、新規事業の損益分岐点の相談を受けた。でも「何それ?!」と満足に応えることができなかった…。
✓上司に「客先をABC分析で絞り込め!」と指示されたが、そもそも意味がわからなかった…。 
✓会議で、与信管理の意見を求められた。自己資本比率についてだったが、発言できなかった…。
✓会議で使える「会社の数字」に強くなる決算書の本がほしい!
✓すぐに役立つ、安くて、簡単な決算書の教材がほしい!