標準原価計算の差異とは何か

標準原価計算の差異とは何か

標準原価と実際原価との間の差額である原価差異は、当月投入量に対する標準原価(当月標準製造費用)と当月の実際原価(当月投入量に対する実際原価)の差額で計算します。

 

標準原価から実際原価を差し引いてマイナスなら、不利差額になります。

標準原価から実際原価を差し引いてプラスなら、有利差額になります。

 

原価差異の基本的な考え方

計算式結果差異の名称理由
標準原価―実際原価

(注)当月投入量

不利差異目標値よりも実際消費が多いため
有利差異目標値よりも実際消費が少ないため

 

 

標準原価計算の差異を計算する

具体的に計算してみましょう。

 

つぎの資料に基づき、直接材料費差異、直接労務費差異、製造間接費差異を計算する。

 

・生産データ

月初仕掛品200(40%)
当月投入1,200
合計1,400
月末仕掛品200(50%)※
完成品1,200

 

※   (   )は、加工進捗度。

材料はすべて、工程の始点で投入している。

・標準原価データ

 

標準単価標準消費量
標準直接材料費@1005kg500円

 

標準賃率標準直接作業時間
標準直接労務費@1503h450円

 

標準配賦率標準直接作業時間
標準製造間接費@2003h600円

 

製品1個あたりの標準原価  500円+450円+600円=1,150円

・実際原価データ

直接材料費  620,000円

直接労務費 530,000円

製造間接費 750,000円

 

[解説・解答]

当期製造費用

直接材料費 @500×1,200個=600,000円

直接労務費 @450×1,220個=549,000円

製造間接費 @600×1,220個=732,000円

     計         1,881,000円

 

直接材料費

直接材料費数量
月初仕掛品200
当月投入1,200
合計1,400
月末仕掛品200
完成品1,200

 

                     加工費

加工費数量
月初仕掛品80
当月投入1,220
合計1,300
月末仕掛品100
完成品1,200

 

標準原価の差異一覧

項目当期製造標準原価当期製造実際原価差異
直接材料費差異600,000620,000△20,000
直接労務費差異549,000530,00019,000
製造間接費差異732,000750,000△18,000

 

△は、不利差異、無印は有利差異。