資本剰余金とは何か

資本剰余金とは何か

資本剰余金のうち、仕訳で問題になるのは、「資本準備金」です。

株主から出資されたお金は、原則として、全額「資本金」となります。
しかし、会社法により、株主から出資されたお金のうち1/2まで資本金としないことが可能です。
これが「資本準備金」です。

 

[例1]
会社の設立にあたり、株式を1株50,000円で、1,000株発行し、払込金は当座預金とした。

 

借方 貸方
当座預金 50,000,000 資本金 50,000,000

 

※この仕訳が、原則的な仕訳となります。つまり、出資金がすべて資本金になります。

 

[例2]
会社の設立にあたり、株式を1株50,000円で、1,000株発行し、払込金は当座預金とした。
なお、資本金への組み入れ金額は、会社法により払込金の1/2である25,000,000円を資本金とした。

 

借方 貸方
当座預金 50,000,000 資本金    25,000,000

資本準備金 25、000,0000

 

※この仕訳が、例外的な仕訳になります。出資された金額のうち、1/2が資本金となり、その他の1/2が資本準備金となります。
資本準備金は例外的な仕訳なのです。

 

創立費とは何か

会社の数字が苦手な人のための「決算書講座」発売中!

✓後輩から、営業利益と経常利益の違いを質問され、困ってしまった…。
✓同期から、新規事業の損益分岐点の相談を受けた。でも「何それ?!」と満足に応えることができなかった…。
✓上司に「客先をABC分析で絞り込め!」と指示されたが、そもそも意味がわからなかった…。 
✓会議で、与信管理の意見を求められた。自己資本比率についてだったが、発言できなかった…。
✓会議で使える「会社の数字」に強くなる決算書の本がほしい!
✓すぐに役立つ、安くて、簡単な決算書の教材がほしい!