現金過不足の基本問題

現金過不足の基本問題

ここでは、受取手形に関する仕訳を取り上げます。

問題①

Ⅽ社は、得意先Ⅾ社に商品500,000を売り上げ、代金は、Ⅾ社振出、Ⅽ社を名宛人とする約束手形を受け取った。

解答用紙

借方 貸方
   

 

[参考]現金の実際有高と帳簿残高が異なる場合、帳簿残高を実際有高に合わます。実務でも時々起こることです。

 

問題②

5月20日 現金の帳簿残高は50,000円であるが、実際有高は70,000円であった。

解答用紙

借方 貸方
   

問題③

6月20日 現金過不足勘定20,000円(借方勘定)の原因を調べたところ、通信費の支払い額20,000円の記入漏れが判明した。

解答用紙

借方 貸方
   

 

 

以下解答です。

 

問題①

4月1日 現金の帳簿残高は110,000円であるが、実際有高は100,000円であった。       

解答

借方 貸方
現金過不足   10,000 現金   10,000

問題②

5月20日 現金の帳簿残高は50,000円であるが、実際有高は70,000円であった。

解答

借方 貸方
現金    20,000 現金過不足 20,000

問題③

6月20日 現金過不足勘定20,000円(借方勘定)の原因を調べたところ、通信費の支払い額20,000円の記入漏れが判明した。

解答

借方 貸方
通信費    20,000 現金過不足 20,000

 

 

3級簿記の基本問題 もくじ一覧