本支店合併財務諸表とは何か

本店と支店がそれぞれ帳簿を作成していたとしても、最終的には1つの会社ですから、合算して、株主や融資を受けた銀行に報告しなければなりません。本店と支店の帳簿を合併した財務諸表を本支店合併財務諸表といいます。ここでは、決算整理前残高試算表から本支店合併財務諸表を作成してみましょう。          

決算前残高試算表

借方 本店 支店 貸方 本店 支店
現金預金 120,000 50,000 買掛金 130,000 85,000
売掛金 180,000 100,000 貸倒引当金 2,000 1,000
繰越商品 50,000 20,000 本店 80,000
支店 80,000 資本金 118,000
仕入 900,000 620,000 繰越利益 剰余金 70,000
オフィス  賃借料 190,000 80,000 売上 1,200,000 704,000
      計 1,520,000 870,000    計 1,520,000 870,000
[決算整理事項]

・期末商品棚卸高    本店 100,000円 支店 80,000円

・売掛金の期末残高に対し、3%の貸倒引当金を設定する

 

[本店の決算整理仕訳]

 

借方 貸方

仕入   50,000

繰越商品 100,000 

 繰越商品   50,000 

  仕入        100,000

 

売掛金に対する貸倒引当金の仕訳

 

借方 貸方 
貸倒引当金繰入  3,400     貸倒引当金   3,400

 

参考:売掛金180,000×3%=5,400 

5,400-残高試算表にある貸倒引当金2,000=3,400

 

 

支店の決算整理仕訳

 

[支店の決算整理仕訳]

 

借方 貸方

仕入   20,000

繰越商品   80,000 

   繰越商品   20,000 

   仕入        80,000

 

売掛金に対する貸倒引当金の仕訳

 

借方 貸方
貸倒引当金繰入  2,000     貸倒引当金   2,000

 

参考:売掛金100,000×3%=3,000 

   3,000-残高試算表にある貸倒引当金1,000=2,000

    これら一連の決算整理仕訳を処理した本支店合併財務諸表はつぎのとおりです。

              本支店合併損益計算書

費用   金額 収益 金額
 期首商品棚卸高   70,000 売上 1,904,000
 当期商品仕入高  1,520,000 期末商品棚卸高 180.000
 貸倒引当金繰入  5,400    
 オフィス賃借料  270,000    
 当期純利益  218,600    
 計  2,084,000 2,084,000

              本支店合併貸借対照表

  資産       金額 負債・純資産 金額
 現金預金   170,000 買掛金 215,000
 売掛金  280,000 資本金 118.000
 貸倒引当金 △ 8,400 繰越利益剰余金 288,600
 商 品  180,000    
 計  621,600 621,600