貸倒れが、実際に発生したケースをみていきましょう。貸倒に備えて、貸倒引当金を設定していたケースと設定していなかったケースをそれぞれみていきましょう。

 

貸倒引当金を設定していなかったケース

 

[例1]売掛金残高200,000円が貸倒れになった。  なお、貸倒引当金は設定していなかった。

 

借方 貸方
貸倒損失 200,000 売掛金 200,000

 

貸倒引当金を設定していませんから、貸倒は、全額「貸倒損失」勘定で仕訳します。

 

貸倒引当金を設定しているケース

 

[例2]売掛金残高200,000円が貸倒れになった。 なお、貸倒引当金は150,000設定してある。

借方 貸方
  貸倒引当金 150,000

貸倒損失  50,000

売掛金 200,000

 

※貸倒引当金を超えた部分を貸倒損失として処理します。

 

償却債権取立益とは何か