貸借対照表の基本を学びましょう

貸借対照表のしくみ

貸借対照表(Balance Sheet:B/S)とは、決算日における会社の財産を明らかにするものです。
会社が、経営のために必要な資金をどうのように調達し、以下にその資金を使っているかを把握することができます。

     貸借対照表のしくみ

借方貸方



資金の運用


資金の調達

右側(貸方)には、資金の調達内容が記載されます。
資金をどこから、どれくらい調達してきたのかを表します。
これに対して、左側(借方)は、調達してきた資金の使いみちがくわしく項目別に記載されます。
調達した資金を、いくら、どのように運用しているのかを知ることができます。

このため、調達資金と資金運用は、天秤のようにバランスよく一致します。

貸借対照表の構成

資産には、調達した資金により所有する現金預金、売掛金、土地、建物などの資産が記載されます。
負債には、借入金や買掛金、純資産には、株主からの払込資本や利益の留保金などが記載されます。

貸借対照表

会社の数字が苦手な人のための「決算書講座」発売中!

✓後輩から、営業利益と経常利益の違いを質問され、困ってしまった…。
✓同期から、新規事業の損益分岐点の相談を受けた。でも「何それ?!」と満足に応えることができなかった…。
✓上司に「客先をABC分析で絞り込め!」と指示されたが、そもそも意味がわからなかった…。 
✓会議で、与信管理の意見を求められた。自己資本比率についてだったが、発言できなかった…。
✓会議で使える「会社の数字」に強くなる決算書の本がほしい!
✓すぐに役立つ、安くて、簡単な決算書の教材がほしい!