繰延資産とは何か

会社の創立時を考える

会社の創立のときは、登記などさまざまな多くの費用がかかります。これらの費用を会社設立時に全額、創立費として、費用計上したのでは、初年度は赤字になるケースが多くなります。また、創立費は、ある程度の期間にわたって、費用を期間配分した方が、実務上も合理的といえます。創立費のように、一旦、資産として計上し、その後に分割計上する費用を「繰延資産」といます。繰延資産は、一定の期間内で、費用償却します。

 

[繰延資産一覧]

項  目 内        容 償却期間
創立費 会社の設立にかかった費用 5年以内
株式交付金 増資にあたってかかった費用 3年以内
社債発行費 社債を発行するためにかかった費用 社債の償還期間
開業費 会社設立後、開業までにかかった費用 5年以内
開発費 新技術の開発などにかかった費用 5年以内

 

繰延資産の種類と内容を個別にみていきましょう。

なお、繰延資産の償却において、残存価額はゼロになります。これは、繰延資産が、もともと費用であるからです。

 

開業費とは何か