第三講座 簿記の流れをつかむ

プレビュー

簿記のながれをつかむ

簿記は仕訳(しわけ)に始まり、決算書で終わる

 

簿記の大きな流れは【図1】のとおりです。

まず、日々の取引を仕訳(しわけ)するところからはじまります。

仕訳とは「簿記のフォーム」に勘定科目と金額を記入することです。

これが簿記のスタートです。
そして、この仕訳に基づいて勘定科目ごとに整理した総勘定元帳を作成します。
さらに試算表を作成します。試算表とは、総勘定元帳を一覧表にしたものです。

試算表に決算整理という作業を加え、最後にできあがるのが、決算書ということになります。

簿記のゴールは、決算書ということになります。

この簿記のながれのうち、初級講座は、実務でも重要な「仕訳」を重点的にくわしく説明していきます。

簿記のながれは、一通りの学習がおわったら、最後にもう一度確認してみてください。

 

簿記の基本的ながれ

 

① 仕訳をする

② 総勘定元帳に転記する

③ 試算表を作成する

④ 決算整理をする

⑤ 決算書(損益計算書&貸借対照表)を作成する

 

(注)なお、簿記初級では、試算表の作成までの講座となります。
決算整理や決算書の作成は、3級簿記になります。

戻る: 簿記初級講座