「純資産」とは、「純粋な資産」である

資産から負債を差し引いた残高が「純資産」です。具体的なイメージとしては3000万円のマイホームを購入したときに2000万円の借金をしたケースを考えてみましょう。このとき、マイホームの純粋な資産は、いくらでしょうか?3000万円でしょうか?2000万円の借金がありますからこの部分を差し引く必要があります。つまり、3000万円—2000万円=1000万円。このとき、マイホームの純粋な資産は、1000万円となります。

会社の純資産も基本的に同じです。資産から負債を差し引き、純粋な資産である「純資産」を求めることができます。

「純資産グループ」のおもな勘定科目と内容はつぎとおり。

・資本金

株主から出資されたお金です。

・資本準備金

株主から出資されたお金は、基本的に「資本金」となります。しかし、一部を資本準備金とすることができます。法律的制度として「資本準備金」があることを覚えておきましょう。

・利益準備金

株式会社は、株主に対して、「配当金」を支払います。このうち、10分の1を「利益準備金」として法律的に積み立てなければなりません。これは、資本を充実させるための制度です。

・任意積立金

利益のうち、会社が自由に積み立てたお金です。

 

さらに「会社の営業成績について知る」を学ぶ