相互配賦法とは何か

補助部門間の関係を考慮し、補助部門費を製造部門と補助部門に配賦する方法です。 前述の直接配賦法の資料を使って、相互配賦法の集計をすれば、以下のとおりになります。

 

[資料2]                                        補助部門費の配賦基準

配賦基準 第1製造部門 第2製造部門 修繕部門 工場事務部門
修繕部門 修繕回数 4 2 2
工場事務部門 従業員数 8 2 4 2

 

 

[資料3]                製造間接費部門別配賦表

摘要 合計 製造部門 補助部門
第1製造部門 第2製造部門 修繕部門 工場事務部門
部門個別費 200,000 80,000 70,000 30,000 20,000
部門共通費 110,000 50,000 40,000 15,000 5,000
部門費合計 310,000 130,000 110,000 45,000 25,000
第1次配賦
修繕部門 45,000 22,500 11,250     ― 11,250
工場事務部門 25,000 12,500 6,250 6,250
第2次配賦 6,250 11,250
修繕部門 6,250 4,167 2,083
工場事務部門 11,250 7,500 3,750
製造部門費 310,000 176,776 133,333

 

参考計算式

 

第1次配賦

修繕部門  第1製造部門  45,000×4/8= 22,500

修修繕部門 第2製造部門   45,000×2/8= 11,2500

修繕部門  工場事務部門   45,000×2/8= 11,250

 

工場事務部門  第1製造部門  25,000×8/16= 12,500

工場事務部門  第2製造部門   25,000×4/16=  6,250

工場事務部門  修繕部門    25,000×4/16=  6,250

 

 

第2次配賦

修繕部門  第1製造部門  6,250×4/6= 4,167

修繕部門  第2製造部門   6,250×2/6= 2,083

 

工場事務部門  第1製造部門  11,250×8/12= 7,500

工場事務部門  第2製造部門   11,250×4/12= 3,750

 

さらに総合原価計算を知る