工業簿記と原価計算とは何か

商業簿記が、商品を仕入れて、そのままお客さんに売るといった商品販売業を対象にしているのに対し、工業簿記は、材料や原材料を仕入れて、自社工場で、製品を製造しお客さんに売るといった製造業を対象にした簿記です。この製品の製造過程の計算が原価計算となります。

すなわち、工業簿記と原価計算は、車の両輪になります。どちらの知識もバランスよくマスターしなければ、それぞれをよく理解することは難しいといえます。