簿記の基本をストレスなしに、やさしく、講義していきます。繰り返し、読むことで、簿記の基本が、知らず知らずのうちに身に付きます。まずは「簿記とは何か」から学んでいきましょう。

 

講義編

 

簿記とは何か 

 

 

会社の財産を知る

 

 

会社の営業成績を知る

 

 

簿記は「仕訳で始まり、仕訳で終わる」と言われます。簿記が苦手な人、簿記がよくわからないという人は、大抵の場合、仕訳の基本が理解できていない人です。仕訳をゆっくり、しっかり学びましょう。それでは「仕訳とは何か」を学びましょう。

仕訳を知る  

 

 

 

簿記は、最終的に決算書と呼ばれる貸借対照表と損益計算書の作成によって、その役割を結実させることになります。ここからは、決算書を作成するための基本となる手続きを学んでいきます。

決算手続き 

 

 

問題集編

 

仕訳問題のもくじ

 

分記法と三分法の基本問題

・仕入と売上の基本問題

・返品の基本問題

・現金と当座預金の基本問題

・普通預金と定期預金の基本問題

・現金過不足の基本問題

・受取手形と支払手形の基本問題

・貸付金と借入金の基本問題

 

帳簿組織のもくじ

 

・仕入帳と売上帳の問題

・商品有高帳の問題

・手形記入帳の問題

・小口現金出納帳の問題

・伝票制の問題

 

ここでは、決算手続に関する問題を取り上げていきます。

決算手続のもくじ

 

・現金過不足の整理/売上原価の算定

・費用収益の前払い・未払

・費用収益の前受け・未収

・精算表の問題