訂正仕訳とは何か 借方と貸方を間違えた場合

仕訳をしたあと、間違いに気づいたときは、どうすればよいでしょうか。

仕訳は、すでに帳簿に記入されていますから、消しゴムで訂正すればよいという単純なものではありません。また、間違いのたびに消しゴムで消すような処理をしていたのでは、不正処理の温床になります。仕訳の訂正は、「消して訂正」するのではなく、「加えて訂正」するのです。

仕訳の間違いは、大きく3つあげられます。

・「借方」と「貸方」の記入間違い。

・勘定科目の間違い。

・金額の間違い。

これら3つの訂正仕訳を順番にみていきましょう。

 

「借方」と「貸方」を間違えた訂正仕訳

つぎの取引を「借方」と「貸方」を間違えて仕訳しました。

訂正仕訳を行いましょう。

[取引]商品を売り上げ、代金20万円は現金で受け取った。

借方 貸方
売上 200,000 現金 200,000

 

まず、間違えた仕訳である「借方」と「貸方」を正反対にした仕訳を行います。

つまり、以下のような仕訳を行います。

1[間違った仕訳の訂正仕訳]

借方 貸方
現金 200,000 売上 200,000

 

この仕訳によって、間違えた仕訳を帳消しにします。新たな仕訳を「加えて訂正した」わけです。

つぎに正しい仕訳を行います。

2[正しい仕訳]

借方 貸方
現金 200,000 売上 200,000

 

この仕訳によって、一連の訂正仕訳が完了します。

このように訂正仕訳は、「加えて訂正する」ために

1[間違った仕訳の訂正仕訳]

2[正しい仕訳]

の2つの仕訳を行う必要があります。

 

訂正仕訳とは何か 勘定科目を間違った場合

つぎの取引について勘定科目を間違えて仕訳しました。

訂正仕訳を行いましょう。

[取引]売掛金の代金100,000円を約束手形で受け取った。

借方 貸方
受取手形 100,000 買掛金 100,000

 

この場合においても、間違えた仕訳である「借方」と「貸方」を正反対にした仕訳を行います。

つまり、以下のような仕訳を行います。

1[間違った仕訳の訂正仕訳]

借方 貸方
買掛金 100,000 受取手形 100,000

 

この仕訳によって、間違えた仕訳を帳消しにします。新たな仕訳を「加えて訂正した」わけです。

つぎに正しい仕訳を行います。

2[正しい仕訳]

借方 貸方
受取手形 100,000 売掛金 100,000

 

この仕訳によって、一連の訂正仕訳が完了します。

 

訂正仕訳とは何か 金額の間違いを直す

つぎの取引において、金額を間違えて仕訳しました。

訂正仕訳を行いましょう。

[取引]商品を売り上げ、代金100万円は掛けとした。

借方 貸方
売掛金 100,000 売上 100,000

 

1,000,000円と仕訳すべきところを一ケタ間違って100,000円と記入してしまったのです。

まず、間違えた仕訳である「借方」と「貸方」を正反対にした仕訳を行います。

つまり、以下のような仕訳を行います。

1[間違った仕訳の訂正仕訳]

借方 貸方
売上 100,000 売掛金 100,000

 

この仕訳によって、間違えた仕訳を帳消しにします。新たな仕訳を「加えて訂正した」わけです。

つぎに正しい仕訳を行います。

2[正しい仕訳]

借方 貸方
売掛金 1,000,000 売上 1,000,000

 

この仕訳によって、一連の訂正仕訳が完了します。

※ 金額を間違えて仕訳した場合、間違った差額である900,000円を追加仕訳することで、

訂正仕訳するのは、いけないのですか?という質問を受けることがあります。

つまり、つぎのような仕訳ではダメなのか、という質問です。

借方 貸方
売掛金 900,000 売上 900,000

 

確かに、結果的には1,000,000円という数字は同じになります。

しかし、この仕訳は学習上もまた、実務上も間違った仕訳と言わざるをえません。

なぜなら取引の実態を表わさないからです。900,000円を追加訂正するような仕訳が認められるのなら、200,000円を5回取引仕訳し、合計1,000,000円であり、という主張も認めることになります。簿記はお金を取り扱う技術を学ぶ学問ですから、不正の温床になる処理は認められないのです。

 

帳簿組織とは何か