以下の基本的な仕訳を取り上げます。

  • 現金過不足
  • 小口現金
  • クレジット売掛金
  • 電子記録債権及び電子記録債務

「現金過不足」とは何か

帳簿に記載されてある現金残高と金庫にある実際の現金残高は、つねに一致するのが、大原則です。しかし、さまざまな理由で一致しないことがあります。現金の紛失や記帳ミスなどは、不一致になる理由の代表的な例です。

このような現金の帳簿残高と実際残高が不一致になったときに使用する勘定科目が「現金過不足」です。

「現金過不足」の仕訳は、おおきく2つの処理に分けることができます。・一つ目は、帳簿残高と実際残高の不一致を処理する仕訳です。 ・二つ目は、不一致の原因がわかったあとの仕訳です。それでは、具体例をみていきましょう。

帳簿残高と実際残高の不一致を整理する仕訳

[例1] 帳簿残高が10,000円。実際の現金残高は15,000円だった。

現金過不足のポイントは、実際の現金残高を基準に帳簿残高を合わせることです。つねに実際にある現金を基準にして、帳簿の現金を記載していくのです。このため、仕訳は、つぎのようになります。

借方 貸方
現金  5,000 現金過不足 5,000

 

帳簿残高が、実際にある現金より5,000円少ないわけですから、現金5,000円を追加計上する仕訳をする必要があります。したがって、「借方」に現金5,000円を計上。相手科目は、現金過不足となります。

これとは反対に帳簿残高が、実際の残高よりも多いケースを考えてみましょう。

[例2]帳簿残高が20,000円。実際の現金残高は10,000円だった。

借方 貸方
現金過不足  10,000 現金 10,000

 

実際の現金残高に帳簿残高を合わせるという基本的な考え方は同じです。

このため、帳簿残高の現金を減少させるため「貸方」に計上し、相手勘定は「借方」に現金過不足を計上することになります。

不一致の原因がわかったあとの処理仕訳

[例1]のケースでは、現金が多く、原因不明のため、現金過不足としていた。その後、原因が売掛金の入金処理もれであることがわかった。

仕訳は、つぎのようになります。

借方 貸方
現金過不足  5,000 売掛金 5,000

 

現金の多い原因が、売掛金の入金処理もれであることがわかったので、「貸方」に売掛金を計上、[例1]で「貸方」に計上した現金過不足を今度は、「借方」に計上させることになります。この仕訳によって、現金過不足は、「借方」と「貸方」に計上されることで、相殺されます。つまり、キレイになくなることになります。

「借方」「貸方」に計上されていた現金過不足が相殺された結果、つぎのような仕訳が残ることになります。

        借方                            貸方
 現   金      5,000 売掛金 5,000

 

[例2]のケースで、現金が少なく、原因不明のため、現金過不足としていたが、その原因は、交通費の支払いの処理もれであることがわかった。

このため、仕訳は、つぎのようになります。

借方 貸方
交通費  10,000 現金過不足 10,000

実際の現金が少ない原因が、交通費の処理もれであることがわかったので、「借方」に交通費を計上、[例2]で「借方」に計上した現金過不足を今度は、「貸方」に計上させることになります。この仕訳によって、現金過不足は、「借方」と「貸方」に計上されることで、キレイになくなることになります。

「借方」「貸方」に計上されていた現金過不足が相殺された結果、つぎのような仕訳が残ることになります。

借方 貸方
交通費  10,000 現 金 10,000

 

 

「小口現金」とは何か

会社では、日々、さまざまな経費の支出があります。消しゴムやノートの購入はもちろん、社員の出張費や慶弔費などです。このため、経理担当者が、ある程度の決まったお金を手もとにおいておくのがふつうです。これを「小口現金」といいます。小口現金は現金と全く同じですが、仕訳の処理上、小口現金を設けるときは、現金と区別し、「小口現金」勘定とします。

具体的にみていきましょう。

[例1]小口現金として、経理担当者に小切手を振り出し、30,000円を渡した。

借方 貸方
小口現金   30,000   当座預金  30,000

[例2] 経理担当者から今月の支払い明細書について、下記の通り報告があった。

     交通費 10,000円 通信費 3,000円 雑費 2,000円

借方 貸方

                   交通費          10,000                            通信費           3,000                                雑費           2,000

小口現金 15,000

 

[例3]小口現金支出分をただちに小切手を振り出して補給した。

借方 貸方
小口現金 15,000 当座預金 15,000

参考

定額資金前渡法(インプレスト・システム)

小口現金の金額を一定額、あらかじめ決めておくことで、毎月決まった手もと金をおく方法です。上記の例でいえば、毎月30,000円という一定額を小口現金としています。このため、経費15,000円を使用した場合は、再度、15,000円を補給して30,000円の手もと金を確保しておくというわけです。

 

 

クレジット売掛金

つぎにクレジットカードを使った商品売買について紹介します。代金の支払いを後日、クレジット会社経由で、受け取る方法です。これは、クレジット会社を経由することで、確実な代金回収につながるメリットがあります。

商品を50,000円をクレジット支払いで売り上げた。クレジット会社への手数料は、販売代金の1%を販売時に計上する。

借方 貸方
クレジット売掛金 49,500
支払手数料       500
売  上 50,000

 

クレジット会社から代金49,500円が、当座預金に振り込まれた。

借方 貸方
当座預金 49,500   クレジット売掛金  49,500

 

 

電子記録債権及び電子記録債務とは何か

これまで、企業間の代金決済は、約束手形が主流でした。しかし、ここ数年、急速に普及してきたのが、電子記録債権による代金決済です。

電子記録債権とは、電子記録債権管理会社(おもに銀行関連企業)によって、管理登録されることで、債権、債務が発生する仕組みになっています。

これは、約束手形発行時必要だった印紙が不要であること、約束手形発行による事務手続きが簡素化されること、手形の持ち運びによる紛失のリスクが回避されることなど、多くのメリットがあります。電子記録債権は、今後、手形決済に代わり、今後も急速に普及していくのは確実です。

A商社は、B物産との合意のもと、B物産に対する売掛金100,000円について、電子記録債権の発生記録を行った。

借方 貸方
電子記録債権 100,000 売掛金 100,000

 

電子記録債権100,000円の回収期限が到来し、当座預金に振り込まれた。

借方 貸方
当座預金 100,000 電子記録債権  100,000

 

つぎに、電子記録債務についての仕訳です。 

Ⅽ興業は、Ⅾ建設との合意のもと、Ⅾ興業に対する買掛金300,000円について、電子記録債務の発生記録を行った。

借方 貸方
買掛金 300,000   電子記録債務 300,000

 

電子記録債務300,000円の回収期限が到来し、当座預金で決済した。

 

借方 貸方
電子記録債務 300,000 当座預金 300,000

 

 

さらに三分法と分記法とは何か